10月8日は皆既月食が全国で観測できます。

Pocket

天気が良ければ、10月8日夕方から夜半前にかけて、3年ぶりとなる皆既月食が全国で観測できます。

10月8日の18時14分から、満月がしだいに欠け始め(部分食)、19時24分に満月が地球の影の中に完全に入り込む皆既月食の状態となります。

皆既月食の状態は60分続き、20時24分に皆既月食が終了、部分月食の状態となり、21時34分に部分月食が終了して、満月は元の丸い状態を取り戻します。

月食は望遠鏡を使わなくても楽しむことができ、全行程が9時半に終了するために、理想的な観測条件となります。

各地の月の出や月食中の月の位置は、暦計算室の月食各地予報で調べることができます。

http://eco.mtk.nao.ac.jp/cgi-bin/koyomi/eclipsex_l.cgi

 

皆既月食中は月の輝きが失われ、周辺の星々が見やすくなります。

赤っぽくほんのり色づいた月と冬の星座の共演は、すばらしく幻想的な光景で、今回の月食の見どころの一つです。

月の仰角は30度でやや低めですので、高いビルや郊外の見える場所から写真やビデオ撮影・観測する事をおすすめします。

 

Invalid Google API key. Please follow these instructions to fix: http://support.tubepress.com/customer/portal/articles/2026361-initial-setup

 

皆既月食 2014年10月8日 | 国立天文台(NAOJ)
http://www.nao.ac.jp/astro/sky/2014/lunar-eclipse.html

Pocket