カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

新元号は「令和」に決定

令和(れいわ)は日本の元号の一つ。
平成の次、大化以降248番目の元号。

平成は今上天皇の譲位により2019年(平成31年)4月30日をもって終了し、皇太子徳仁親王が即位する2019年5月1日から令和元年となる予定。

日本の憲政史上では初の譲位による改元となる。

万葉集の梅の花の歌から取ったものである。

中国の文書ではなく、日本の文書から選ばれた。

西暦2019年(本年)は、4月30日までが平成31年で5月1日から令和元年になる予定で、2つの元号に跨る年となる。
本項で公的に日本国内で平成が使用されていた時代(令和時代)についても記述する。 万葉集に典拠があるとされている。

 

万葉集 梅花(うめのはな)の歌三十二首并せて序

天平二年正月十三日に、師(そち)の老(おきな)の宅(いへ)に萃(あつ)まりて、宴会を申(ひら)く。
時に、初春(しよしゆん)の「令月」(れいげつ)にして、気淑(よ)く「風和」(やはら)ぎ、梅は鏡前(きやうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(かう)を薫(かをら)す。
加之(しかのみにあらず)、曙(あけぼの)の嶺に雲移り、松は羅(うすもの)を掛けて蓋(きにがさ)を傾け、夕の岫(くき)に霧結び、鳥はうすものに封(こ)めらえて林に迷(まと)ふ。庭には新蝶(しんてふ)舞ひ、空には故雁(こがん)帰る。
ここに天を蓋(きにがさ)とし、地を座(しきゐ)とし、膝を促(ちかづ)け觴(かづき)を飛ばす。
言(こと)を一室の裏(うら)に忘れ、衿(えり)を煙霞の外に開く。淡然(たんぜん)と自(みづか)ら放(ひしきまま)にし、快然と自(みづか)ら足る。若し翰苑(かんゑん)にあらずは、何を以(も)ちてか情(こころ)を(の)べむ。
詩に落梅の篇を紀(しる)す。古(いにしへ)と今(いま)とそれ何そ異(こと)ならむ。宜(よろ)しく園の梅を賦(ふ)して聊(いささ)かに短詠を成すべし。

 

天平二年正月十三日に、大宰師の大伴旅人の邸宅に集まりて、宴会を開く。
時に、初春の好き月にして、空気はよく風は爽やかに、梅は鏡の前の美女が装う白粉のように開き、蘭は身を飾った香のように薫っている。
のみにあらず、明け方の嶺には雲が移り動き、松は薄絹のような雲を掛けてきぬがさを傾け、山のくぼみには霧がわだかまり、鳥は薄霧に封じ込められて林に迷っている。
庭には蝶が舞ひ、空には年を越した雁が帰ろうと飛んでいる。
ここに天をきぬがさとし、地を座として、膝を近づけ酒を交わす。
人々は言葉を一室の裏に忘れ、胸襟を煙霞の外に開きあっている。
淡然と自らの心のままに振る舞い、快くそれぞれがら満ち足りている。

 

この漢詩風の一文は、梅花の歌三十二首の前につけられた序で、書き手は不明ですがおそらくは山上憶良(やまのうへのおくら)の作かと思われます。
その内容によると、天平二年正月十三日に大宰府の大伴旅人(おほとものたびと)の邸宅で梅の花を愛でる宴が催されたとあります。
このころ梅は大陸からもたらされたものとして非常に珍しい植物だったようですね。
当時、大宰府は外国との交流の窓口でもあったのでこのような国内に無い植物や新しい文化がいち早く持ち込まれる場所でもありました。

この序では、前半でそんな外来の梅を愛でる宴での梅の華やかな様子を記し、ついで梅を取り巻く周囲の景色を描写し、一座の人々の和やかな様を伝えています。
そして、中国にも多くの落梅の詩があるように、「この庭の梅を歌に詠もうではないか」と、序を結んでいます。
我々からすると昔の人である旅人たちが、中国の古詩を念頭にして「いにしへと現在と何の違いがあろう」と記しているのも面白いところですよね。

この後つづく三十二首の歌は、座の人々が四群に分かれて八首ずつ順に詠んだものであり、各々円座で回し詠みしたものとなっています。
後の世の連歌の原型とも取れる(連歌と違いここでは一人が一首を詠んでいますが)ような共同作業的雰囲気も感じられ、当時の筑紫歌壇の華やかさが最もよく感じられる一群の歌と言えるでしょう。

https://amzn.to/2FNf678

Amazonビジネス – 法人・個人事業主様向け通販サービス

Amazonビジネス – 法人・個人事業主様向け通販サービス

Amazonビジネス の特長
Amazonビジネスは、あらゆる業種の購買ニーズに対応するため、いつものAmazonに以下の内容を追加した、法人・個人事業主様向けの新しいビジネス購買専門サイトです。
ご利用は無料で、数分でお申し込みができます。Amazonからこれまでのアドレスや購買履歴を引き継いで登録も可能。ぜひ一度お試しください。

Amazonビジネス の詳細
豊富な品揃えでどんな商品でもすぐに見つかる
Amazonビジネスでは、あらゆる業種のニーズに対応した商品を取り揃えています。
ビジネス向けセレクションの追加: これまでのAmazonの商品に加えて、ビジネス向け商品も追加。
ビジネスに役立つ品揃えと検索性:ITから清掃用品、オフィス用品から飲食店の消耗品まで、Amazonでは豊富な数の商品の中からお選びいただけます。
購買システムとの連携: 購買システムと連携してご利用いただくことが可能です。

法人価格で更なるコスト削減を実現
ビジネス向けの特別価格や数量割引が多数の商品に適用されています。
法人・個人事業主様向け特別価格: ビジネス向けの割引きが多数の商品に適用されています。
数量割引:購入対象商品の数量に応じて割引が多数の商品に適用されています。
一覧で価格を比較: 一つの商品ページで複数の出品者の価格を比較できます。

複数ユーザーで利用可能
チームや組織単位でアカウントを管理できます。承認ルールを設定したり、購買履歴を管理、分析できます。
複数ユーザーで利用可能: 複数ユーザーが登録でき、さらに購買グループを設定し、支払い方法の共有が可能。一括の支払いにより、これまでの立て替えの購買と経費処理の手間がなくなります。
承認ルールを設定:任意のユーザーに金額に応じて発注承認がないと購買ができないように設定可能。
購買データの取得・レポート: グラフや表にて購買レポートを見やすく表示。部門やユーザーごとに購買履歴を管理、分析できます。データの活用により、帳簿作成や経費処理の手間が削減されます。

Businessプライム
更に便利なBusiness向けプライムでAmazonの迅速な配送がビジネスでも変わらず利用可能。
無料のお急ぎ便:お届け日時指定便が注文金額に関わらず使い放題。
複数社員で活用:最大3ユーザーまでは年会費3,900円(税込)から始まる会員プランを選択可能。
あらゆる規模の法人へ:会員プランはあらゆる企業規模に対応。 詳細はこちら

購買・分析機能で経理作業が簡単に
いつ、誰が、どれくらい購入したかが詳しく分かります。税金や送料、部門など任意の項目で購買レポートを作成、ダウンロードできます。これにより、帳簿作成や経費処理の手間が削減されます。
すべての登録ユーザーが利用可能 : 購買分析のツールは、管理者の他、購買依頼者も利用できます。
管理者はグループ、ユーザー、商品カテゴリー別の他、多角的に購買履歴を管理、分析できます。
カスタマイズできるテンプレート : フィルターと項目を自由に組み合わせて、注文や返品、返金など、購買履歴を管理、分析できます。
データダウンロード: カスタイマイズしたテンプレートを保存、ダウンロードして購買実績の分析にご活用いただけます。領収書をまとめてシステムに手入力する必要がなくなります。

Amazonビジネス導入事例紹介

ヒューマンライフケア株式会社
ヒューマンライフケア株式会社は、全国で高齢者向けの介護事業を行っている会社です。主にデイサービス・認知症の方向けのグループホーム、訪問介護事業などを展開しており、デイサービスの施設は全国で約90カ所を運営しています。

介護業界では、一般的に全業務のうち1/3が事務処理の時間に取られてしまうといわれおり、その現状を変えるためAmazonビジネスを導入しました。
今までは、必要なグッズを運転担当スタッフと他2名がホームセンターに買いに行き、立て替えをして後日精算という流れでしたが、それらがなくなりました。お目当ての商品がないこともよくあり、注文をして再び受け取りに行く手間もあったのですが、Amazonビジネスで何でも購入することができ、確実にすぐに配送されるのでそれらの手間も減りました。
また、キッチンペーパーや水のペットボトルなど、箱単位で急いで買わないといけない物も、女性スタッフが苦労して買いにいく必要がなくなりました。
結果、本部の事務処理にかかる時間を削減でき、その時間を利用者様とのコミュニケーションやケアの時間に回すことができるようになりました。
各施設で働く介護スタッフの負担を軽減させることに成功しました。

「オドレミスト」わきが・多汗症・足臭・洋服の汗染みや汗の臭いが気になる方

オドレミストについて

オドレミスト

こんな方にオススメします!
【わきが・多汗症・足臭・洋服の汗染みが気になる方・汗の臭いが気になる方】
など、汗の悩みを抱える方におすすめします。
無香料ですので、お好みの香水やコロンも一緒にお使いになれます。

オドレミストとは?
塩化アルミニウム13%配合の制汗・防臭剤です。 塩化アルミニウムは、防臭・制汗にすぐれた効果を発揮し、無臭でべとつかず、肌を爽快にしてくれます。

成分
《有効成分》
・ 塩化アルミニウム
《その他成分》
・濃グリセリン
・紅茶エキス
・オウゴンエキス
・ワレモコウエキス
・無水エタノール

 

汗の必要性について

汗の必要性について、理解しておかなくてはならないのは、汗は体温調節のために出るということです。
個人差もありますが、人間の体温は36度前後に保たれています。
体内の細胞や器官が、もっとも効率良く機能する温度なのです。

人間のような、周囲の環境に関わらず、常に一定の体温を維持する動物を恒温動物といいます。
恒温動物は、体温が大きく変動すると、体の機能が正常に動かなくなります。
人間の場合。低くて30度前後、高くて40度前後まで体温が変化すると、 命の危機にさらされる状況と言えます。

とくに、体温が40度以上に上がってしまった場合、熱に弱い脳は、ほとんど機能出来なくなってしまうのです。
そんな危機的状況にならないように、私たち人間は汗をかくのです。
汗は蒸発するときに、皮膚から熱を奪っていきます。
そうやって、体温を一定に保っているのです。

汗のしくみと働き

汗は、皮膚にある「汗腺」から分泌されます。
その汗腺には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があります。

■エクリン腺からでる汗について
エクリン汗腺は全身にあり、出る汗は汗孔から排出されます。
エクリン腺からでる汗は、汗をかく状況によって種類とその働きが異なり、大きく分けて3つの種類があります。

【温熱性発汗】
まさしく体温を調整するためにかく汗のことです。
周囲の気温の影響、運動をしたとき、食事の時などに、 必要以上に上昇してしまった体温を下げるためにかく汗のことを、「温熱性発汗」といいます。

【精神性発汗】
大勢の前で話をしたり、会議やテストで緊張したりした時、スポーツや映画を見たりするようなドキドキした時、 ようするに緊張・興奮することによって汗が分泌されることを「精神性発汗」といいます。
いわゆる「冷や汗」といったものも精神性発汗にあたります。
手のひらや足の裏、ワキの下、額などに局部的にかく汗です。
汗腺は交感神経に支配されているため、緊張により交感神経が刺激されて発汗するのです。

【味覚性発汗】
カレーなどの辛い食べ物を食べた時に、発汗神経が刺激を受けて汗が分泌されることを「味覚性発汗」といいます。
とくに額からの汗が目立ちますが、基本的には全身から汗をかいています。 肝臓の機能を助ける働きがあります。

これらの3つの汗は、全身にあるエクリン腺から分泌されます。
エクリン汗腺から出る汗は、その成分の99%以上が水分です。 水分以外の成分としては、塩素やナトリウム、カリウム、尿素、アンモニアなどがあります。
ここで問題になってくるのが汗の質です。
運動不足だったり、1年を通じてエアコン等のお世話になっていたりと、 汗をかく機会が減っている人が多いと思いますが、汗をかく機会が減ると汗腺の機能が低下して、
「汗をかけなくなる(出にくくなる)」という悪循環に陥る事があります。
汗腺には、血液中に含まれるミネラル分をろ過するという働きがありますが、 この機能が低下する為に、ミネラル分の多いベトベトした“悪い汗”をかくようになるのです。
ミネラル分の多い汗は蒸発しにくく、体温調節がうまく行われません。
また、体に必要なミネラル分も血液から奪うため、慢性疲労や熱中症の原因にもなります。 更に、アンモニアなどのニオイ成分を含むため、ニオイが発生します。
そのアンモニアには、皮膚表面をアルカリ化する作用があり、 これが雑菌の繁殖を促して、汗のニオイはますます強くなります。
“良い汗”は、水に近いサラサラの状態の汗です。
蒸発しやすく、弱酸性であるため、皮膚の常在菌の繁殖も抑えます。 また、無色・無臭・無菌であるため、ニオイもありません。
良い汗をかくためには、日頃から汗をかく習慣を身につけることが大切になります。

■アポクリン腺から出る汗について
アポクリン汗腺はエクリン汗腺とは違って、全身には存在しません。
アポクリン腺は、思春期になると、腋の下や耳の後ろの周辺、外陰部などの特定の部位に発達します。
これは、いわゆるセックスアピールに関係しています。
なわ張りに匂いつけたり、体臭に興奮したり、動物が本来もっているもの、 強さなどの雄らしさ、色気などの雌らしさの表現型であるフェロモンなどのニオイを分泌するためのものです。
当然、分泌は性的興奮の影響もうけます。

アポクリン汗腺から出る汗は、汗孔ではなく毛穴から排出されます。
その汗はアルカリ性で、水分は水分は70%~80%と少なめです。
さらに、タンパク質や脂肪や尿素、アンモニアなどのさまざまな成分が大半を占めており、 エクリン汗腺から出る汗よりも粘り気があります。
いわゆるワキガなどの嫌な臭いはアポクリン腺からでる汗が原因です。
しかし、実際には、汗の成分が直接ニオイを発しているわけではありません。

 

汗のニオイについて

エクリン腺もアポクリン腺も、汗が汗腺の中にある時は無臭です。

■エクリン腺の汗の臭い発生
エクリン腺の汗の99%以上が水なのですが、皮膚の表面で汗、垢や皮脂、ホコリ、フケなどが混じり合うと、 それをエサに細菌が増殖します。

つまり、皮膚が清潔なら、「汗臭くなりにくい」のです。
ここで問題になるのが、皮膚に住む菌の種類です。
「皮膚常在菌」いう、良い菌と悪い菌が共存しており、バランスを保っています。
これと同じ話として、腸の善玉菌、悪玉菌が有名です。
腸と同じく、バランスを崩せば、悪玉菌が増える。
結果、汗臭くなるということです。
除菌効果の高い石けんを使いすぎたり、ゴシゴシ擦りすぎたりして良い菌まで落としすぎないように、 適度な清潔感が必要です。

■アポクリン腺の汗の臭い発生
エクリン腺と同様に、皮膚にいる細菌によって分解、酸化されることで臭い物質が作られます。
ただ、アポクリン腺はもとから個性的な臭いを作ることが目的の汗腺ですから、 エクリン腺の汗と成分はまるで違います。
ですから、分解酸化された時に低級脂肪酸やアンドロステノンといった物質になり、 アンモニアなどと混ざり合うことでワキガ臭が発生します。

多汗症の原因となるエクリン汗腺からの汗も、ワキガの原因となるアポクリン汗腺からの汗も、 実は汗腺の中にある時は、まだ無臭です。
でも、皮膚上に分泌された段階で、そこに存在している 常在菌の作用により臭いの物質が作られてしまいます。
ちなみに人によって、常在菌の種類、数は個人差があります。
ワキガ臭が軽い人は、皮膚ブドウ球菌がメインの常在菌になっている事が多く、 ワキガ臭が強い人は、ジフテロイドなどのコリネバクテリウム属の菌が多く見られる傾向にあります。

汗を防ぐためには

汗を防ぐためには、収斂剤(しゅうれんざい)といわれる薬が使われます。
その中でも簡便な方法で、かつ効果の有無も比較的わかりやすいのが、アルミニウム配合の制汗剤です。 皮膚に直接塗り使用します。

一般的にデオドラントという名前で販売されているものの多くは、 サラサラ感を出したり消臭・芳香効果が中心で、多汗症の人の汗を抑えるほどの作用はありません。
一方、アルミニウムは、制汗作用があり、多汗症の治療薬として病院でも使われているものです。
ちなみに、残念ながら汗を止めるだけであり、多汗症自体を治すものではありません。
使用を中止すれば、また汗が出てくるようになります。
従って、継続的な使用が必要です。

塩化アルミニウムは、表皮の大部分を占める角化細胞にアルミニウムが作用し 角化物が増え、角化物が汗孔(汗の通り道)にたまって閉塞し(角栓)、汗の流れを止めてくれます。
ようするに発汗量が低下するということです。そして角栓は皮膚のターンオーバーに伴って、排出されます。

塩化アルミニウム配合の制汗剤は、発汗がはじまってからより、 発汗する前(皮膚が乾いている時)に、使用するとより高い効果に期待できます。
(発汗時に使用した場合、効果が薄れてしまいます)
また、効果を実感するまでの期間には個人差がありますが、 だいたい1週間程度経過すると実感できるようです。

塩化アルミニウムのその他のメリットとしては、 手足、脇の下、頭部、顔面など、すべての部分に使用できることです。
(顔面に使用する場合は、特に取扱いに注意が必要です)
注意しなければならないのは、体質によっては皮膚に炎症が起きることがあるという事。
そのため、粘膜付近への塗布は避けたほうが良いと思われます。
肌荒れやかゆみといった副作用が出ることがあるので、 使用する際には少量を試しぬりする、パッチテストをしたほうが良いと思われます。
そして、濃度に依存して効果が変わるという事。
市販されている制汗剤はたくさんありますが、塩化アルミニウムの濃度を比較してみてください。
高濃度のものには『医薬部外品』、低いものには『化粧品もしくは書かれていないもの』もあります。
指定成分が決まった成分量入っていて、初めて『医薬部外品』という表記がされ、また効果効能が表示できるようになるのです。

オドレミスト⇒購入