カレンダー

2014年10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

曲面型21:9 ウルトラワイドモニター「34UC97-S」を10月30日から発売

LGエレクトロニクス・ジャパンは、国内初となる34インチの曲面型21:9ウルトラワイドモニター「34UC97-S」を10月30日より発売します。

「34UC97-S」は、映画鑑賞、オフィスワーク、DTP、ゲームなど、さまざまな用途で活躍する21:9ウルトラワイドモニターを曲面型にすることで、今まで経験したことのない臨場感と没入感を演出します。

21:9というシネスコサイズ(シネマスコープ)の横長画面によって、映画観賞、仕事、DTP、ゲームなどいろいろな場面で活躍する ウルトラワイドシリーズに、曲面型を採用しました。

34UC97-S2

どの角度から見ても色合いの変化が少なく自然で鮮やかな発色を実現したIPSパネルと、シネスコサイズの画面アスペクト、狭額ベゼルで映像への没入感を演出する「CINEMA SCREEN」、そしてシネスコサイズの横長画面に、曲面型を採用することで、今まで体感したことのない臨場感あふれる迫力のある映像を楽しむことができます。

21:9ウルトラワイド画面と曲面型パネル
曲面型パネルの特長は、画面に向かって左右両サイドを内側にカーブさせることで、視覚移動を最小化し、画面の中央から端に視点を移したときに発生する目のピント調節の負担を軽減させます。これにより、映像への臨場感に加え、自然な視聴環境を実現させました。

曲面型パネルの特長
大容量スピーカーと「MaxxAudioR」で高音質サウンドを実現
7W+7Wの大容量スピーカーから出力される深みのある高音質なサウンドをお楽しみいただけます。

[tubepress video=”2LOC7Q7ag4o” embeddedHeight=”480″ embeddedWidth=”854″]

 

曲面型21:9ウルトラワイドモニター「34UC97-S」
価格132,000円前後
2014年10月30日

 

[csshop service=”amazon” keyword=”LG 34型曲面AH-IPS液晶モニター” sort=”-score”]

 

LG
http://www.lg.com/jp/

 

 

空飛ぶ自動車「エアロモビル3.0」車と飛行機のハイブリッドは現実へ

空飛ぶ自動車 AeroMobil(エアロモビル) 3.0は、車と飛行機のハイブリッド

美しい空飛ぶ車。
自動車から秒単位で飛行機へ変換します。

AeroMobilは完全に自動車や飛行機用に作成された既存のインフラを利用した空飛ぶ車です。
実際のドア・ツー・ドアの旅行への扉を開きます。

飛行距離は700キロメートル

ガソリンで動き、100キロメートルの飛行で7.5リットルのガソリンしか消費しない。

Aero-Mobile3.0d

車としては、任意の標準的な駐車スペースに収まる。
レギュラーガソリンを使用し、単に他の車のように道路走行に使用することができる。

わずか数百メートルで場所があれば、舗装面を使用して離陸できるが、
現状では公道から飛び立つことはできず、空港を利用します。

 

[tubepress video=”kzYb68qXpD0″ embeddedHeight=”480″ embeddedWidth=”854″]

 

現在の空飛ぶ車のプロトタイプAeroMobil 3.0は、
以前より大幅な改善とアップグレードを組み込んである。

今は完成され、2014年10月以来、実飛行条件での定期的な飛行試験プログラムを開始する。

AeroMobil 3.0は、主に先進複合材料から構築されています。

そのボディシェル、翼、車輪が含まれています。

それはまた、アビオニクス機器、自動操縦と高度パラシュート展開システムとして、
最終製品に組み込まれる可能性が高い。

主要な機能が含まれています。Aero-Mobile3.0f

AeroMobil 3.0は攻撃の可変角度として高度な技術を実装しています。

離陸要件は、比較的粗い地形や土地からのテイクオフを取ることができます。

富士フイルムは、プレミアムコンパクトカメラ「FUJIFILM X100T」を11月より発売

富士フイルムは、光学ファインダー内でピントエリアのデジタル映像を拡大表示でき、正確なピント合わせを可能とした「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」搭載のプレミアムコンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM X100T」を11月より発売します。

「X100T」は、光学ファインダーでのピント合わせが難しい風景撮影やマクロ撮影においても快適なマニュアルフォーカス撮影を可能にし、「Xシリーズ」ならではの卓越した写真画質と多彩な絵作りを楽しむことができます。

FUJIFILM-X100T

新機能

・アドバンスト・ハイブリッドビューファインダーを搭載!
光学ファインダー内にピントエリアのデジタル映像を拡大表示できる新機能を開発。
光学ファインダー使用時の、高精度なピント合わせを可能にしました。

・ダイヤルの操作性を向上させ、絞りはレンズ鏡筒の絞りリングで1/3段ずつ、露出補正はボディ天面のダイヤルで±3段まで設定可能。
7つのファンクションボタンにお好みの設定を割り当てて、操作性をカスタマイズできます。

ボディ背面には高精細104万ドットの3.0型液晶モニターを採用し、視認性を大きく向上させました。

[tubepress video=”joZeBVa-i9w” embeddedHeight=”480″ embeddedWidth=”854″]

・独自のカラーモード「クラシッククローム」を搭載!
富士フイルムならではの卓越した写真画質と多彩な絵作り多彩な色再現や階調表現が可能な撮影機能「フィルムシミュレーション」
に、深みのある色合いと豊かな陰影の写真表現が可能な「クラシッククローム」モードを搭載。

本モードを使用すれば、被写体だけでなく、その背景に流れるストーリーまで感じる作品を制作することができます。

[csshop service=”amazon” keyword=”FUJIFILM プレミアムコンパクトデジタルカメラ X100T” sort=”-score”]
FUJIFILM X100T