カレンダー

2014年11月
« 10月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ソニーは手ブレ補正機能を内蔵した デジタル一眼カメラ 「α7 II」を発売

ソニーは、光学式5軸手ブレ補正機能をボディに内蔵した35mmフルサイズセンサー対応のレンズ交換式デジタル一眼カメラα7シリーズ「α7 II」を発売します。

有効2430万画素、35mmフルサイズExmorR CMOSセンサーをブレに合わせて動かす光学式5軸手ブレ補正機能を搭載し、静止画撮影時にシャッター速度最高4.5段分の補正を実現。

三脚を使用しないと撮影が難しかったシーンにおいて、手持ちでもブレを抑えたよりシャープな静止画・動画撮影が可能です。

α7

「α7 II」特長

●フルサイズセンサー対応の光学式5軸手ブレ補正機能をボディに内蔵

望遠撮影など焦点距離が長い時に起こりやすい角度ブレやマクロ撮影時など撮影倍率が大きくなるに従い顕著に現れるシフトブレ、夜景撮影時や 動画撮影時などに目立つ回転ブレなどのさまざまなブレを5軸で検出し、静止画・動画撮影時に補正します。

ブレに合わせて35mmフルサイズセンサーを動かし、ブレを補正。
静止画撮影時には、シャッター速度最高4.5段分の補正を実現します。

ボディ内に手ブレ補正機能を搭載したことでシャッタースピードに余裕が生まれるため、手ブレ補正機能(OSS)非搭載のEマウントレンズなどを装着しても、暗所で三脚を使わずに手持ちで低速シャッタースピード撮影ができるなど機動性が向上し、撮影表現の幅が広がります。

ライブビュー映像で補正効果を確認
液晶モニターや有機ELビューファインダーでも、補正された映像をリアルタイムで確認できるため、望遠撮影やマクロ撮影でも安定したフレーミングやピント合わせが可能です。

●高速・高精度オートフォーカス(AF)を実現するファストハイブリッドAFを搭載

広範囲に配置された117点位相差AFセンサーと25点のコントラストAFを画面の広範囲に配置。

位相差AFセンサーの高い動体追従性を活かし、ピント合わせが難しい被写体でも広いAFカバー範囲で被写体を捉えます。

被写体位置を検出するアルゴリズムの進化により、レンズの駆動を最適化。
さまざまな使用シーンで従来比30%高速化したAFレスポンスを実現。

 

[tubepress video=”svbUXedWsbA” embeddedHeight=”480″ embeddedWidth=”854″]

 

●フルサイズイメージセンサーと画像処理エンジンBIONZ Xによる高画質と多彩な動画機能を実現

高い解像力と高感度、低ノイズを実現する 35mmフルサイズExmor CMOSイメージセンサー35mmフルサイズのExmor CMOSイメージセンサー(有効約2430万画素)は、高い解像力と大きな画素サイズを生かした高感度、低ノイズ特性によりレンズの光学性能を最大限引き出し、
フルサイズならではのボケ表現とあわせて高い描写力を実現。

高い解像感と自然な質感を低ノイズで再現する画像処理エンジンBIONZ X処理速度が大幅に進化した画像処理エンジンBIONZ X(ビオンズ エックス)を搭載。

高速処理能力により自然な質感を細部まで再現する「ディテールリプロダクション技術」や、絞り込んだ撮影でも解像感を損なわない「回折低減処理」、夜間や室内などの光量が少ない場所でも高い解像感と質感を維持したままノイズを大幅に低減する「エリア分割ノイズリダクション」などにより、高画質を実現。

高ビットレート記録フォーマットXAVC Sに対応
AVCHDVer.2.0に準拠したフルHD(1920×1080)60p/60i/24pによる記録フォーマットに加え、プロ用に開発されたXAVCR記録フォーマットを民生用途に拡張したXAVC Sに対応。

 

●創作意図を忠実に反映する高コントラスト・高解像度XGA OLED Tru-Finderを搭載
有機ELビューファインダーXGA OLED Tru-Finderの搭載により、高コントラストとファインダー画素数236万ドットの高解像力で各種設定値の反映・拡大表示機能やピーキング機能による微細なピント合わせ、撮影画像の確認、また撮影する映像のボケ味まで見たままに忠実な画像をファインダー上に再現。

プロフェッショナルユーザーのハードな使用にも耐えうる高い信頼性を実現

大口径望遠ズームレンズや動画用の重いレンズなど、さまざまなレンズ使用に配慮したより剛性を高めたマウント構造を採用。

主要な操作ボタンやダイヤル、ボディ内部に水滴、ほこりが侵入しにくくなるようなシーリング処理を採用し、メディアやジャックカバー、各キャビネット部品のあわせ目は凹凸の2重構造化し、防塵防滴にも配慮した設計を採用。さまざまなシーンで、安心して撮影ができます。

●モバイル機器との連携を可能にするWi-Fi/NFC機能を搭載し、カメラが進化するPlayMemories Camera Appsに対応
モバイル機器連携を可能にするWi-Fi/NFC(Near Field Communication:近距離無線通信)を搭載。
レンズの周辺光量、倍率色収差、歪曲収差の補正値をマニュアルで設定できるアプリケーション「レンズ補正」のアップデートを提供します。

発売日12月5日
「α7 II」ボディのみ(Eマウント)190,000円前後

[csshop service=”amazon” keyword=”ILCE-7M2″ sort=”-score”]

TOYOTAはセダンタイプの新型燃料電池自動車「MIRAI」を発売

TOYOTAは、セダンタイプの新型燃料電池自動車(FCV)「MIRAI(ミライ)」を12月15日より発売します。

MIRAIは、将来の有力なエネルギーである水素を空気中の酸素と化学反応させて自らが発電して走り、優れた環境性能はもとより、利便性や走る楽しさもあわせ持つ、クルマである。

toyota-mirai toyota-mirai2

新型トヨタFCスタックや高圧水素タンクなどで構成する燃料電池技術とハイブリッド技術を融合した「トヨタフューエルセルシステム(TFCS)」を採用。

エネルギー効率が高く、走行時にCO2や環境負荷物質を排出しない優れた環境性能を実現するとともに、3分程度の水素の充填で充分な走行距離を得られるなど、ガソリンエンジン車と同等の利便性を備えている。

[tubepress video=”WHjYMDgqT0o” embeddedHeight=”480″ embeddedWidth=”854″]

デザインは、全車速域モーター走行による優れた加速性能と静粛性や低重心化などにより操縦安定性を高めた走りの楽しさ、停電や災害などの非常時に使える大容量外部電源供給システム、より安心・安全・快適にお乗りいただくための専用通信サービスの設定などを提供している。

[tubepress video=”Pnzn4gIpK-A” embeddedHeight=”480″ embeddedWidth=”854″]

水素は、電気に比べてエネルギー密度が高く、貯蔵や輸送も容易であり、家庭や自動車用の燃料のみならず、発電への活用も期待されるなど、幅広い用途への利用が可能な将来の有力なエネルギーの一つである。

水素を燃料として自ら発電して走るFCVは、将来の水素社会の一翼を担い、エネルギー多様化への対応をさらに加速させるものと期待されている。

[tubepress video=”733GMT5RnPI” embeddedHeight=”480″ embeddedWidth=”854″]

販売開始2014年12月15日
販売店トヨタ店ならびにトヨペット店
販売目標台数2015年末までに約400台
価格 7,236,000円税込

 

[csshop service=”amazon” keyword=”TOYOTA MIRAI” sort=”-score”]

 

ホンダは新型燃料電池車「FCV」を2015年度中に発売

本田技研工業は11月17日、新型燃料電池自動車「Honda FCV CONCEPT」を世界初披露し、このコンセプトカーをベースとした新型「FCV」を
2015年度中に日本国内で発売すると発表した。

燃料電池車では70Mpaの高圧水素貯蔵タンクを搭載し、水素タンクの再充填は約3分程度。航続距離は約700kmとしている。

 

Honda-FCV3 1113FCV_CONCEPT_ƒtƒƒ“ƒgƒXƒ^ƒCƒŠƒ“ƒO_01

 

水素社会に向けた「つくる」「つかう」「つながる」という3つのコンセプトから、発電した電力の外部給電機能備え、
新型「FCV」を「走る電源」にする「Honda Power Exporter CONCEPT」も同時に公開されている。

 

[tubepress mode=”tag” tagValue=”Honda FCV CONCEPT” embeddedHeight=”480″ embeddedWidth=”854″ resultsPerPage = “16”]

 

本田技研工業株式会社
http://www.honda.co.jp/

 

[csshop service=”amazon” keyword=”ホンダ FCV” sort=”-score”]