カレンダー

2015年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

透過式メガネ型端末「SmartEyeglass Developer Edition」を発売

ソニーは対応スマートフォンと連携し、テキスト、シンボル、画像等の情報を視界に重ねて表示する、透過式メガネ型端末 「SmartEyeglass」を開発し、商品化に向けた取り組みを進めています。

アプリケーションの探索と充実のため、「SmartEyeglass Developer Edition」「SED-E1」を、日スマー本、アメリカ、イギリス、ドイツにおいて、アプリ開発者に向けて本年3月より発売します。

SmartEyeglass

さらにハードウェアの提供開始と合わせて、昨年9月より先行リリース版として提供をしているソフトウェア開発キット(SDK)を更新して、正式リリース版のソフトウェア提供を開始することにより、一層のアプリ開発を促進します。

ソニーはウェアラブル端末の使用用途の拡がりを見据え、開発者に向けて本製品を発売することにより、開発者のユニークな発想と多様なアプリ開発を促進し、SmartEyeglassの提供する体験を向上していきます。

2016年内に一般ユーザーや法人顧客に幅広く『SmartEyeglass』を提供することを目指し、商品化に向けて今後開発を加速して参ります。

SmartEyeglass Developer Editionの概要
本機はCMOSイメージセンサー、加速度センサー、ジャイロスコープ、電子コンパス、照度センサー、マイクなどの多彩なセンシング機能と、連携したスマートフォンのGPSによる位置情報などを活用して、ユーザーの状況に応じた情報を提供できる端末です。

ソニー独自のホログラム光学技術により、視野を遮るハーフミラーを使わず、85%の高い透過性を持った厚さ3.0mmの薄型レンズを実現しました。

単色表示のためカラーよりも低消費電力でありながら輝度が高く(最大1,000cd/m2)、両眼表示により様々な環境でもテキストが読みやすく視認性の高い表示が可能となります。

無線接続した本機とスマートフォンが相互にセンシングデータや画像データなど情報をやりとりすることにより、スマートフォンのアプリケーション次第で、多彩な活用シーンが期待されます。

ソニー独自ホログラム光学技術による軽量・薄型ディスプレイモジュール
ソニー独自のホログラム導光板方式光学技術を用いた、透過式メガネ型端末専用の軽量・薄型のディスプレイモジュールを搭載しました。

ホログラム導光板技術とは、ガラス板の両端にホログラム光学素子を組み込むことで、光学エンジンから出射した映像光を、厚さ1mmの非常に薄いガラス板の中を伝搬して、目まで届ける技術です。

これにより、透過率85%という高い透明率を持つ厚さ3mmのレンズを実現しています。

[tubepress video=”Bx7O_h09HKA” embeddedHeight=”480″ embeddedWidth=”854″]

SmartEyeglass Developer Edition (SED-E1) の主な仕様
ディスプレイ形式 別体コントローラー付き 両眼透過式メガネ型ディスプレイ
解像度 419(水平)× 138(垂直) ピクセル
画角 対角20°(水平19°× 垂直6°)
表示色 緑単色 256階調
フレームレート 15 fps
ディスプレイ輝度(最大) 1,000 cd/m2
シースルー透過率 85%以上
搭載センサー 加速度センサー、ジャイロスコープ、電子コンパス、照度センサー、マイク、ノイズキャンセリング用マイク
カメラ 静止画: 有効画素数 約300万画素、
動画(音声なし): JPEG Stream: QVGA相当 15fps (camera APIを使用する必要があります。詳しくは、ソフトウェア開発キットをご参照ください。 )
音声出力 スピーカー(コントローラー部)
電源 内蔵型リチウムイオンバッテリー
電池持続時間 カメラ未使用時:連続使用で約150分
カメラ使用時:連続使用で約80分
Android端末との接続 Bluetooth v3.0、IEEE802.11b/g
Android端末OS必須条件 Android 4.4 以上
最大外形寸法 アイウェア:折りたたみ時:約180 mm × 39 mm × 72 mm(幅/高さ/奥行き)、
展開時:約180 mm × 39 mm × 182 mm(幅/高さ/奥行き)
コントローラー:約54 mm × 21 mm × 60 mm (突起含まず)
ケーブル:約63㎝(長さ)

SmartEyeglass Developer Edition
「SED-E1」
2015年3月10日 100,000円+税(日本)
840 USドル+税(アメリカ)
520 UKポンド+税(イギリス)
670 ユーロ+税(その他)

Sony Developer World SmartEyeglass専用ページでは、本製品の購入手続きやSDKの入手が可能なほか、詳細な製品仕様、SmartEyeglass用アプリケーションや活用シーンの事例紹介など、アプリ開発に有用な情報を提供していきます。

http://developer.sonymobile.com/ja/smarteyeglass/

ソニーは音声によるパーソナルトレーニングをサポート「Smart B-Trainer」発売

ソニーは、ランニング時の心拍数や走行ルートなどのランニングログの記録に加え、心拍数とリアルタイムに連動した音楽再生や音声アドバイスにより、トレーニングを楽しく効率的にサポートする「Smart B-Trainer」(スマートビートレーナー)を発売します。

Smart B-Trainerは、耳に装着してランニングログの計測とトレーニングに適した音楽再生を1台で実現するヘッドホン一体型のスポーツデバイス「SSE-BTR1」と、ランニングログをスマートフォンで管理し、多彩なトレーニングメニューを選択できるアプリケーションソフトウェア「Smart B-Trainer for Running」で構成しています。

SSE-BTR1

ランニングやジョギングは、ダイエットや体力づくり、レースへの参加など様々な目的にむけて手軽に一人で始められる一方で、継続が難しく、途中でトレーニングを断念するケースも多く見受けられます。

そうした課題を解消するために、 音楽や音声の活用とあわせて、多彩なトレーニングメニューを提供することで、楽しくトレーニングを継続することをサポートします。

メニューには、ベーシックトレーニングに加え、プレミアムトレーニングとして金哲彦氏(ナイキランニングアドバイザー)監修のメニューや、株式会社アシックス(以下、アシックス)が提供するトレーニングプログラム“MY ASICS”(マイアシックス)と連携したメニューを提供。

自分の目的やレベルに応じたトレーニングを効率的に、かつ継続的に実施することができます。

主な特長
1.ランニングログの計測とトレーニングに適した音楽再生を1台で実現する、ヘッドホン一体型のスポーツデバイスランニングログの計測とトレーニングに適した音楽再生を1台で実現する、ヘッドホン一体型のスポーツデバイスコンパクトな筐体に6種類のセンサー (心拍、加速度、GPS、コンパス、ジャイロ、気圧)を内蔵し、11種類のランニングログ(心拍数、消費カロリー、距離、時間、スピード、ペース、ピッチ、歩数、ストライド、走行ルート、高度)を計測・記録します。

さらに、内蔵メモリーには最大約3,900曲の楽曲を転送でき、スマートフォンなど複数のデバイスを身に着けずに、これ1台で「シンプルでスタイリッシュ」にランニングログの計測とトレーニングに適した音楽再生を実現します。

筐体にはヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズで培われたノウハウを活かしたネックバンドスタイルを採用し、スポーツシーンでの利用に適した、ずれにくく、高い装着性能を実現しています。

本機はBluetoothRヘッドセットとしての使用も可能です。

[tubepress video=”aIc_45_SfV4″ embeddedHeight=”480″ embeddedWidth=”854″]

2.心拍数と連動した自動選曲・再生によるトレーニングのサポート
心拍数と連動した自動選曲・再生によるトレーニングのサポート(一部のトレーニングメニューにて対応)本機は心拍数をリアルタイムに計測し、事前に設定したユーザープロファイルと目標心拍数をもとに、その時のランナーの状況に応じた最適なテンポの楽曲を自動選曲、再生。

「楽しく効率的」なトレーニングをサポートします。
例えば、目標に対して心拍数が高い場合は、遅いテンポの楽曲を再生することでランナーをガイドします。

また、その時の気分で楽曲のテンポを調整することも可能です。楽曲のテンポ解析は、ソニーの12音解析技術により実現しています。

3.お客様の目的やレベルに応じて選択・設定できる、多彩なトレーニングメニューSmart B-Trainer for Runningアプリ『Smart B-Trainer for Running』で、ダイエットや体力づくり、レースへの参加など目的やレベルに応じたトレーニングメニューを設定し、最適なプランを簡単に立てることができます。

トレーニングメニュー選択後、デバイスにBluetoothで転送して、すぐにトレーニングを開始できます。

4.アプリケーションによるランニング記録のふり返り
トレーニング終了後は、ランニングログをアプリケーションに転送することで、その日の結果を可視化し、過去からの累積記録、ベスト記録、推移などをグラフや比較などにより、わかりやすく振り返ることが可能です。トレーニングの進捗をより具体的に認識することで、「ゴール設定と達成感」への意識が、効率的なトレーニングの継続につながります。

Smart B-Trainer(スマートビートレーナー)
スポーツデバイス『SSE-BTR1』
2015年3月7日 オープン価格

Smart B-Trainer?(スマートビートレーナー)
アプリケーションソフトウェア『Smart B-Trainer for Running』
2015年3月7日 無償

[csshop service=”amazon” keyword=”SSE-BTR1″ sort=”-score”]

[csshop service=”amazon” keyword=”心拍数 スポーツデバイス” sort=”-score”]

パナソニックは高音質で斜めから見てもキレイな49V型と43V型の液晶テレビを発売

パナソニックは、IPSパネルを採用した液晶テレビ「ビエラ」CS650シリーズ2機種(49V型、43V型)を3月上旬より発売します。

「高輝度IPSパネル」を採用
明るい部屋でも大画面の隅々まで、くっきりと鮮やかな映像を楽しめるだけでなく、斜めの位置から見ても、色彩豊かな広色域映像を、満喫できます。

49/43型のいずれもフルHD/1,920×1,080の高輝度IPSパネルを採用。
120Hzの倍速駆動にも対応し、動画ボケの少ないなめらかな映像表示を可能で視野角は上下左右178度。

VIERA-TH-49CS650

映像コマ数を通常の2倍に表示する「倍速駆動」により早い動きもクリアに再現します。

大容量スピーカーボックスを採用した「ダイナミックサウンドシステム」を搭載し、迫力ある低音を実現した高音質サウンドを楽しめるようになりました。

地上/BS/110度CSデジタルダブルチューナを搭載し、別売USB HDDへの裏番組録画が可能。
長時間録画モードでの録画にも対応する。
新コンテンツ保護技術「SeeQVault」(SQV)に対応し、SQV対応HDDにVIERA CS650の録画番組をバックアップし、他のSQV対応VIERA/DIGAなどで再生もできる。

Ethernetと無線LANを搭載し、ホームネットワーク内のタブレットやスマートフォンに録画/放送中番組を配信できる「お部屋ジャンプリンク」にも対応。

番組視聴や外出先からの録画予約に利用できるAndroid/iOSアプリ「Panasonic Media Access」を無料で提供する

専用アプリを使い、放送中の番組や本シリーズに接続したUSBハードディスクに録画した番組をスマートフォンやタブレットに転送して視聴できる
「外からどこでもスマホで視聴」に対応しました。

[tubepress video=”aznRm-j467w” embeddedHeight=”480″ embeddedWidth=”854″]

Hybridcastにも対応。
ユーザーの好みや情報を一覧表示する「マイチャンネル」などのネットワーク機能も備えている。
入力端子はHDMI×3、D4×1、コンポジット×1、アナログ音声×1。
出力端子は光デジタル音声出力×1とヘッドフォン。
消費電力と年間消費電力量は49型が130W(待機時0.1W)、83kWh/年、43型が129W(同0.1W)、74kWh/年。

外形寸法/重量は49型が110.6×23×68.1cm、17kg、43型が97.4×23×60.7cm、15kg。

<特長>
1.高輝度IPSパネル採用で斜めから見てもキレイ。倍速駆動で滑らかな映像を実現
2.「ダイナミックサウンドシステム」搭載で迫力の高音質
3.「外からどこでもスマホで視聴」に対応

品名:地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ
品番:TH-49CS650
サイズ:49V型
発売日:3月上旬

品名:地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ
品番:TH-43CS650
サイズ:43V型
発売日:3月上旬

[csshop service=”amazon” keyword=”TH-49CS650″ sort=”-score”]

[csshop service=”amazon” keyword=”TH-43CS650″ sort=”-score”]

[csshop service=”amazon” keyword=”Panasonic VIERA” sort=”-score”]