カレンダー

2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

トランセンドは、GPS搭載でWi-Fiを内蔵したドライブレコーダー「DrivePro 220」を発表

Pocket
reddit にシェア

トランセンドは、GPS搭載でWi-Fiを内蔵したドライブレコーダー「DrivePro 220」を2015年4月30日に発売します。

F値1.8の大口径レンズとフルHD録画で夜間撮影も可能なドライブレコーダーです。

DrivePro-220-DP220 DrivePro-220-DP220b 31DEvDidkDL

300万画素のカメラとF値1.8、6枚レンズ+1枚の赤外線フィルターを採用しており、夜間の撮影にも強い設計。

広角130度のワイドアングルで左右の映像もカバーし、高いレンズ性能と高画質なフルHD録画でさまざまなシーンでを記録ができる。

GPSレシーバーを搭載しているため、事故時の正しい日時表記や車のトラブルでレスキューを呼ぶ際の居場所などを調べるのに便利。

無料ダウンロード出来できる専用ツールを活用すればることで、座標を基もとに走行ルートを地図で振り返ることもできる。

道路上の車線を監視し、車両がその車線から設定値を越えて逸脱したり、前方の車との距離にの設定値を超えて近づきすぎると運転者にアラームで警告する車線逸脱防止支援システムと前方衝突警報システムを搭載した。

センサーが内蔵されており、パーキングモードに設定することで、駐車時の衝撃や不審な動きを感知し、自動録画も可能です。

 

 

DrivePro 220

主な仕様
ディスプレイが2.4型フルカラー液晶
バッテリーがリチウムポリマー(470mAh)
動画がフルHD(1920×1080ドット)30FPS
対応メモリ―カードがmicroSDHC/microSDXCカード(8GB/16GB/32GB/64GB(Class 6以上推奨)
MLCチップ採用の16GB microSDHCカードが付属
本体サイズ70.2(幅)×63.1(高さ)×34.5(奥行)mm
重量は90g

発売日:2015年4月30日

[csshop service=”amazon” keyword=”Transcend GPS WiFi 対応ドライブレコーダー 300万画素 Full HD 画質 DrivePro 220 TS16GDP220M-J B00VQ4APJA” sort=”-score”]

 

ドライブレコーダーの基本機能と選び方

ドライブレコーダーは、交通事故の際に、記録した映像を証拠品として提出できることもあり、自家用車に設置する方が増えています。
近年は画質も向上しており、ドライブレコーダーを使ってドライブの思い出を記録したり、運転中に楽しめなかった景色を後からじっくり楽しむといった使い方もできます。

ドライブレコーダーを選ぶ上でまずチェックしたいのは画質。
画素数が多く、高画質で撮影できるものを選びましょう。
高精細のフルハイビジョン映像(フルHD)で録画できる機種も増えています。
夜間でもキレイに撮影できるかどうかも重要です。

また、走行履歴を記録できる「GPS機能」や、衝撃を受けた時点で、その前後の映像を自動的に別ファイルに保存する「G(加速度)センサー録画機能」はあれば便利です。

フレームレートとは、動画1秒あたりを何コマ(画像)で処理するかを表した数値で、数値が大きいほど画像はなめらかです。1秒間に撮影するコマ数のことです。単位はfpsで表します。数値が大きいほどなめらかな映像になります。

画質

標準画質のドライブレコーダーの映像では、ハイビジョン画質を見慣れている方にとっては物足りなさを感じてしまうかもしれません。そこで、推奨したいのが高品質な映像が残せ、万が一の時の証拠能力が格段に高まる「FULL HD」対応の機種です。事故に遭遇した場合、高解像度であればクルマのナンバーなど、より正確に記録してくれます。また、旅先の映像も、より鮮明に記録できます。

FULL 200万画素 1920×1080P
HD 120万画素 1280×960P
VGA 30万画素 640×480P
GPS受信

人工衛星の電波を受信し、位置や時間の情報を取得できます。
これにより、走行したルートや時間、スピード等の情報も映像と一緒に記録を残すことができます。
事故時の場所の特定だけでなく、時間記録、走行速度なども残すことができるので、万が一の時は証拠能力が高まります。さらに、GPS受信機能があると位置記録を残せるので、ドライブ時の記録をマップと対応させて表示できドライブがもっと楽しくなります。

G(加速度)センサーは急停止や急発進、停車や事故などの衝撃を検知する機能です。
通常、ドライブレコーダーは、常に数十秒から数分の動画ファイルを連続して作り続け、SDカードの容量がいっぱいになると古い映像を消しながら新たな映像を記録し続けます。しかしG(加速度)センサー搭載モデルであれば、衝撃を感知した時、上書きされないようにその映像を
保護してくれます。これにより大切な瞬間が消えてなくなることはありません。

撮影した映像はパソコンで確認することができます。
GPS受信タイプであれば、映像と走行ルート、スピードなどに連動した表示が可能です。
選び方のポイント

ドライブレコーダーを選ぶ際は「画質」「Gセンサー」「GPS受信」「フレームレート」といった機能の組み合わせに着目しましょう。現在の商品ラインナップは、こういった機能の組み合わせで商品価格が決まっています。
安心感やドライブの楽しみを求めるなら「単に安いだけ」の商品より「機能バランスのいい」商品が絶対にオススメです。

常時録画は、常に最新の映像を録画し続けるタイプのドライブレコーダーで、エンジンのON/OFFに連動して録画の開始/終了を行うものが一般的です。
映像は本体に装着するメモリーカードに記録するので、録画可能時間はメモリーカードの容量や画質によって異なります。
常時録画では、撮影データを1分、2分、5分といった単位で1つのファイルを作成し、それを繰り返します。メモリーカードの容量いっぱいまで録画すると、古い映像ファイルから消去し、新しい映像を記録し続けます。

Wi-Fi
Wi-Fi機能が搭載されたドライブレコーダーであれば、録画した映像をスマホやタブレット端末などに転送して、ストリーム再生やダウンロードして映像を保存することができます。

一体型

カメラと本体が一体となったタイプのドライブレコーダーです。
分離型と比べると大きくなりますが、近年は小型化が進んできたことや、取り付けが簡単なこともあり、一体型が主流になっています。

 

[csshop service=”amazon” keyword=”Transcend Wifi対応ドライブレコーダー 300万画素Full HD画質 DrivePro 200 TS16GDP200-J” sort=”-score”]

[csshop service=”amazon” keyword=”ユピテル 常時録画ドライブレコーダーコンパクトミニモデル DRY-Slim1″ sort=”-score”]

[csshop service=”amazon” keyword=”KENWOOD ドライブレコーダー KNA-DR300″ sort=”-score”]

[csshop service=”amazon” keyword=”パイオニア ドライブレコーダーユニット ND-DVR1 ND-DVR1″ sort=”-score”]

[csshop service=”amazon” keyword=”ユピテル 常時録画ドライブレコーダー500万画素カラーCMOS搭載 DRY-FH95WG” sort=”-score”]

[csshop service=”amazon” keyword=”ユピテル WiFi対応 常時録画ドライブレコーダー2.0インチ液晶搭載最大300万画素Full HD画質 DRY-WiFi40c B00L3SOW52″ sort=”-score”]

[csshop service=”amazon” keyword=”Transcend 内蔵バッテリー搭載ドライブレコーダー 300万画素Full HD画質 DrivePro 100 / TS16GDP100A-J B00OXQQLB4″ sort=”-score”]

[csshop service=”amazon” keyword=”@U-sKプレミアム 超高画質300万画素 ドライブレコーダー USK-PDVR-CX01-1080P B00KMQ5WPK” sort=”-score”]

(Visited 243 times, 1 visits today)

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください