カレンダー

2015年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

エプソンはレーザー光源採用、4K映像対応プロジェクター「EH-LS10000」を発売

エプソンは、ホームシアタープロジェクターの新商品として、光源にレーザーダイオードを採用するとともに、「4Kエンハンスメントテクノロジー」搭載により次世代の主流である4K映像コンテンツに対応したモデル、『EH-LS10000』を2015年4月9日より発売いたします。

エプソンのホームシアタープロジェクターは投写方式に「3LCD」方式を採用することで、カラーも明るく、より忠実な色再現性を実現でき、ホームシアターで重要な要素である映像の美しさを十分に引き出すことができます。

EH-LS10000

新商品『EH-LS10000』は、エプソンの技術力の象徴として他のラインアップとは一線を画したフラッグシップモデルです。
安定した光源で高い色再現性を実現するレーザー光源を採用しました。レーザー光源はパルスでの制御が自由なことから、1フレームごとの制御が可能となり、映像の入力信号に合わせてリアルタイムに光を調整できます。
また、映画のシーンの切り替えなどで暗転する場面では瞬時に明るさ0(ゼロ)lmの完全な漆黒「パーフェクトブラック」を実現します。
あわせてDCI色域やAdobeRRGBなどのきわめて広範囲の色域をカバーしていますので、映画製作者の意図した色はもちろんのこと、豊かな色彩表現を可能にします。
さらに、反射型液晶パネル「3LCD Reflective Panel」による高いネイティブコントラストと画素感のギャップのない滑らかな映像を可能にしました。
また、アナログデバイスならではのバンディングノイズを抑えた美しい階調表現が可能です。

さらに、エプソン独自技術の「4Kエンハンスメントテクノロジー」により4K映像コンテンツを投写することができます。
「4Kエンハンスメントテクノロジー」は、1画素を斜めに0.5画素シフトさせることで、解像度を2倍にして4K解像度を実現する技術です。
HDCP2.2対応により放送などの4Kコンテンツを表示することが可能です。さらに、Blu-ray DiscなどのフルHDの映像を4Kにアップスケールする際は、エプソン独自の超解像技術とチューニングにより高精細でありながら自然な4K映像に仕上げています。
このほか、エプソン・ホームシアタープロジェクターで好評のさまざまな画像処理技術を搭載し、設置性も優れています。
「超解像」や「ディテール強調」がきめ細かな肌の質感まで再現し、「フレーム補間」が動きの速い動画を滑らかに再生します。
「Bright 3D Drive」は3D映像を明るく投写することができます。
また、2.1倍電動ズームフォーカスレンズを搭載と稼働範囲が広いレンズシフトの搭載により、上下90%、左右40%のシフト範囲で限られたスペースでも設置できます。さらに、フォーカス、ズーム、レンズシフトで調整したレンズの位置は10個まで登録できることから、登録したレンズの位置を呼び出して、最適なレンズ位置に素早く設定して投写することができます。
19dBの静音設計により理想的な視聴環境も実現しました。

 

 

エプソン独自の4Kエンハンスメントテクノロジーで、高精細な4K映像を実現
高精細でありながら自然な4K映像を実現する4K対応プロジェクターの登場です。フルHDに比べて画素数が4倍になる4K映像は、近くで見ても精細で粒状感のない美しい映像を実現します。
エプソンの4Kエンハンスメントテクノロジーは、4Kエンハンスメントデバイスで1画素を斜めに0.5画素シフトさせることで、解像度を2倍にして4K解像度を実現しています。

4K出力の仕組み
入力した映像の1ピクセルを縦横0.5ピクセルずつずらして重ね、解像度を上げる「ピクセルシフト」で、4K出力を実現しています。

フルHD映像を本体内で4Kにアップスケール
フルHD(1080p)の映像をエプソン独自の4Kアップスケールチップによる処理で4K映像にアップスケール。アップスケールする際に超解像技術ですっきりとしたエッジ輪郭を実現し、さらに「ディテール強調」をかけることで質感を向上させ、元々4Kのデータであったかのような映像を実現します。
モードは、映像や視聴環境に合わせて選べるように5段階の設定メニューを用意しました。

映像を美しいまま、自由に。広範囲の電動レンズシフト
画質劣化のない光学シフトを搭載。上下90%、左右40%という広い可動範囲を実現しています。
電動なので視聴位置で調整できます。

レーザー光源採用で、ハイエンドホームシアターにふさわしい高いクオリティーを実現
EH-LS10000はレーザーダイオードを光源に採用。2基のレーザー光源により赤(R)、緑(G)、青(B)の光の三原色を作り出しています。
エプソン独自の「ディテール強調」を含む超解像技術により、テクスチャーの素材感が際立つ高精細な映像を実現します。

さらに大迫力の臨場感。1080pの鮮明な3D
エプソン独自の「Bright 3D Drive」を搭載し、明るく鮮明な3D映像を実現しています。
480Hz駆動のパネルにより、暗くなりがちな3D映像もクロストークを抑え、納得の明るさで投写します。3Dエミッターは、本体に内蔵しています。

軽くてスタイリッシュなRF方式の3Dメガネを同梱
スタイリッシュな3Dメガネを同梱。Bluetooth Wireless technologyによる3D同期信号を採用し、プロジェクターから約10mという広い視聴可能範囲を実現。さらに質量35gと軽く、かけ心地が快適です。

 

エプソン ホームシアタープロジェクター EH-LS10000

発売日:2015年4月9日

[csshop service=”amazon” keyword=”エプソン ホームシアタープロジェクター EH-LS10000″ sort=”-score”]

[csshop service=”amazon” keyword=”エプソン ホームシアタープロジェクター EH-LS10000″ sort=”-score”]

ASUSはゲーム用24型ディスプレイ「VG248QE-J」21.5型ディスプレイ「VX229HJ」を発売

ASUSは、リフレッシュレートが144Hzのゲーム用24型フルHD液晶ディスプレイ「VG248QE-J」、およびスタイリッシュなフレームレスデザインを採用した21.5型フルHD液晶ディスプレイ「VX229HJ」の2製品を日本市場向けに発売することを発表いたしました。
2製品共に2015年4月10日より販売を開始する予定です。

 

ASUS ゲーミングモニター 24型 VG248QE-J

VG248QE-J_front_s VG248QE-J_pivot_s VG248QE-J_rear_s

通常の60Hzを遥かに超える144Hzの超高速リフレッシュレート
VG248QE-Jは、1秒間に画面を144回書き換える(表示する)ことができる、144Hzのリフレッシュレートに対応する高速駆動液晶ディスプレイです。
一般的な60Hz対応液晶やゲーム用の120Hz対応液晶よりも格段に滑らかな画面表示を行えます。
たとえば映画館で上映する映画の画面書き換えは1秒間24回が一般的です。また、テレビ番組は1秒間30回です。
本製品なら、それらを遥かに超える滑らかな表示でPCゲームを楽しむことができます。

ゲームや動画を残像感なく表示できる1msの高速な応答速度
VG248QE-Jでは、1msの超高速な応答速度を実現した液晶パネルを使用しており、PCゲームや動画を残像感のないハッキリとした映像で楽しめ
ます。

3Dメガネで立体視を楽しめるNVIDIA 3D Visionに対応
VG248QE-JはNVIDIA 3D Visionに対応しているので、NVIDIAの3D Vision 2 ワイヤレスメガネキットまたは3D Vision ワイヤレスメガネキットを購入することで、すぐに立体視を楽しむことができます。

縦向き表示に対応
本体を時計方向に90°回転して縦長表示を行える、ピボット機能に対応しています。
縦表示で楽しむゲームなどを大画面で遊ぶことができます。
また上下左右の角度調整 (チルト、スウィーベル) 、高さ調整にも対応するため、最適な角度でゲームを楽しくことができます。

発売日:2015年4月10日

[csshop service=”amazon” keyword=”ASUS ゲーミングモニター 24型 VG248QE-J” sort=”-score”]

 

ASUS VXシリーズ 21.5型 VX229HJ

VX229HJ_front_s VX229HJ_left_s VX229HJ_rear_s

視野角が広いAH-IPSパネル
水平方向178°、垂直方向178°、非常に広い範囲から利用可能なAH-IPSパネルを採用しています。
大勢でディスプレイを囲んだり、マルチディスプレイ環境でも画面の隅々まで鮮やかに表示します。

解像感を増すVividPixel技術で低解像度映像も精細に表示
VividPixel技術は、映像の輪郭などを強調して解像感を増す技術です。
ぼやけた映像や、フルスクリーン表示時にドットバイドットでの表示を行えない映像などを精細に表示できます。

ASUS Eye Care技術 (ブルーライト軽減機能、フリッカー削減機能)
VX229HJにはブルーライトを軽減するLow Blue Light機能を搭載しており、目の疲れや肩こりの原因になると言われているブルーライトを大幅に抑えることができます。
また液晶ディスプレイのLEDバックライトは輝度調節のために目に見えない速さで明滅を行っています。
それがフリッカー(チラツキ)です。目には見えませんが、フリッカーが目に負担をかけて疲労の原因になると言われています。
VX229HJではフリッカーフリー技術を搭載することでフリッカーをなくしています。

発売日:2015年4月10日

[csshop service=”amazon” keyword=”ASUS VXシリーズ 21.5型 VX229HJ B00VK9H11G” sort=”-score”]

 

2製品共通の特長

メリハリのある映像を実現した8千万:1の高いコントラスト比独自のコントラスト拡張技術であるASCR(ASUS Smart Contrast Ratio)技術を搭載することで、液晶パネル自体のスペックを超える高いコントラスト表現を可能にしました。
8千万:1もの高いコントラスト比によって、暗い部分から明るい部分までメリハリのある美しい映像を実現しています。

自然な発色を実現する映像エンジンSplendidを搭載
映像エンジンSplendidは、専用のSplendidチップを使うことでフレーム単位での高度な画面解析を行い、自然で見やすい発色を実現する技術です。
画面に対して一律に色調補正を行う機能とは一線を画する画面表示を行える映像技術となっています。

画面上に照準を表示するGamePlus機能
今回発表を行った2製品には、どちらにもゲーム用のGamePlus機能を搭載しています。
GamePlus機能には2つの機能があり、1つが画面上に照準を表示するAimpoint機能で、4種類から好きな照準を選んで画面に表示することができます。もう1つが画面上にタイマーを表示するTimer機能です。

 

ASUS ゲーミングモニター G-SYNC搭載 27型 PG278Q

R.O.G. PG278Qは本格ゲーマーの要求に応えるために、最新の技術を惜しげもなく注ぎ込んだ、ゲーミングディスプレイの到達点です。

WQHD (2,560×1,440ドット) 対応の圧倒的な解像度を誇る27型ワイド液晶ディスプレイ。144Hzの高速駆動をサポートし応答速度 (グレー→グレー) も1msと非常に高速で、ビデオカードの出力する映像をクリアに余すことなく表示します。
PG278Q独自のTurboキーを押すと60Hz, 120Hz, 144Hzの切り替えが可能で、ゲームタイトルに最適なリフレッシュレートを瞬時に選択できます。
またPG278QではNVIDIAR G-SYNC?を初搭載。GPUの描写とディスプレイの表示タイミングを同期させることにより、画面のズレ (テアリング) やカクつきのない今までにはない快適なゲーム環境を提供します。
背面にはゲームコントローラーなどの接続に便利なUSBポートも搭載しています。

様々なゲームを行う上で、便利なGamePlusも搭載。FPSプレイ時には画面内にAimポインターを表示し弾道を予測。効率的なAimトレーニングが可能です。またRTSやMOBAプレイ時にはタイマーを選択し、刻々と迫る時間をディスプレイ上に表示することができます。

フレーム幅はわずか6mmの超狭ベゼルデザインを採用。マルチディスプレイ環境でも境目のないシームレスな映像を堪能できます。
調整機能は高さ、上下左右の角度、縦回転に加えさらにVESAにも対応するため、長時間のゲームでも好みの体勢で快適にプレイできます。

パネルサイズ:27型ワイド
バックライト:W-LED
パネル種類:TN
表面仕様:ノングレア
最大解像度:2,560×1,440 (WQHD)
サイズ(スタンド含む) :幅619.7mm×奥行き237.9mm×高さ362.9mm

 

 

[csshop service=”amazon” keyword=”ASUS ゲーミングモニター G-SYNC搭載 27型 PG278Q” sort=”-score”]