カレンダー

2015年5月
« 4月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

シャープは80型 AQUOS 4K NEXT「LC-80XU30」を発売

シャープは、AQUOS史上最高画質の『AQUOS 4K NEXT』4K液晶テレビを発売します。
“赤・緑・青・黄”色を組み合わせた独自の画素構造により8K解像度表示能力を持つ「4原色技術」を用いた4K液晶パネルと、8Kの情報量を画像処理する世界初「超解像・8Kアップコンバート」回路を搭載しました。

「4原色技術」を用いた液晶パネルは、新開発テレビエンジン「Xクロス8-Master Engine PRO」に搭載した「超解像・8Kアップコンバート」回路で生成する8K映像の情報を元に、細部まで美しい映像を再現します。
また、音質面では、大画面映像の臨場感を高める3ウェイ6スピーカーを搭載し、65Wの音声実用最大出力を実現しました。

150521-a 150521-a-2

主な特長

独自の「4原色技術」を用いた4K液晶パネルを搭載し、8K解像度を実現
4K液晶パネルの3原色(赤・緑・青)のサブピクセルに、黄色を加えて表示する「4原色技術」を搭載、色の表現力を高めました。
明暗を感じる輝度ピークが多いほど解像度が高まることから、1画素内に4つの輝度ピークをつくることにより、4K液晶パネルで8K解像度を実現しました。

世界初「超解像・8Kアップコンバート」回路で、8K映像の情報を作り出す新開発テレビエンジン「Xクロス8-Master Engine PRO」

液晶パネルの解像度を活かす、世界初「超解像・8Kアップコンバート」回路
4K映像やハイビジョン放送を8K映像の情報量に解像度を変換する「超解像・8Kアップコンバート」回路を搭載。映像の輝度と色情報を高め、その情報を元に「4原色技術」を用いた4K液晶パネルの解像度に再構成することでより細かく滑らかな表示を実現します。
映像をハイビジョン放送の16倍となる8K情報量に高めることでより細やかな輪郭を実現するとともに、階調補正で高品位な解像度変換を行います。8K解像度を実現した液晶パネルとの相乗効果で、細部まで美しいかつてない映像を体験いただけます。

高性能な画像処理+液晶駆動エンジン「Xクロス8-Master Engine PRO」を新開発
大画面・高精細映像の気になるノイズの低減を図るとともに、映像に応じてコントラストや色を自動補正する「4Kアクティブコンディショナー」を内蔵。
デジタル放送など圧縮された映像情報のオリジナルフレーム解析と前後フレーム解析を組み合わすことでノイズを抑え、スッキリした高精細映像を作り出します。
また、バックライト高精度スキャニング方式を取り入れた、4K倍速技術で動きに強いクリアな動画性能も実現します。

豊かな色を再現する「4原色技術」を用いた4K液晶パネルが活きる「高演色リッチカラーテクノロジー」

地上デジタル放送で使用されている色域(ITU-R BT.709)を超え、自然界に存在する物体色(SOCS)再現を目指した広色域技術を搭載しました。
黄色のサブピクセルを追加した「4原色技術」による色域の拡大に加えて、新蛍光体を採用したLEDバックライトシステムを搭載し
原色の鮮やかさを高め、当社従来機比約1.4倍の色再現範囲を実現します。
また暗いシーンでの中間色もカラーマネージメントする色復元回路により、自然界に存在する色を再現します。

輝きを復元する「メガコントラスト」ダイナミックレンジ拡張技術
独自の「UV2A技術」による高コントラスト液晶パネルに、画面のエリア毎に輝度制御するLEDバックライト技術を採用し、今まで表現できなかった光源の輝きや、金属の光沢感などを再現します。
「メガコントラスト」技術は、光源や光源を受けて反射する“輝き”部分を映像信号から解析し、そのエリアにあるLEDバックライトの輝度を周囲のエリア以上に高めます。加えて、輝度を高めるだけでなく、輝き復元の映像補正も同時に行います。
また、映像の暗い部分のエリアではLEDバックライトの輝度を抑えるので、高コントラストな映像を再現するとともに消費電力も抑制します。

3ウェイ6スピーカーを搭載し、65W音声実用最大出力
大画面にふさわしい65Wの音声出力を実現。ミッドレンジに加え、高域を奏でるツィーターと豊かな低音を再現する低振動ウーハー「DuoBass」の組み合わせで、3重奏のように幅広い音域を再現します。低音用ウーハーには、スピーカー性能(振幅限界や耐熱限界など)をあらかじめ解析し、最大入力レベルでの駆動(ドライブ)を可能にする「インテリジェントドライブ」音声処理回路を採用、歪が少なくパワフルな低音を再現します。
また音声LSI「新・AudioEngineTM 」を搭載し、反響する仮想音を組み合わせる倍音合成技術により、高・低音域の拡張と音の周波数や位相の乱れを補正して自然で聞き取りやすい高音質を実現しました。

艶やかな黒を表現できる低反射「N-Blackパネル」
液晶パネルに低反射な新素材を採用。高精細映像の発色が活き、外光の反射を抑えた見やすさと艶やかな黒表現を両立します。

「THX 4Kディスプレイ規格」の認証を取得

 

多彩な4Kコンテンツに対応、好きな時間に楽しめるビデオオンデマンド(VOD)や録画機能

AQUOS 4Kレコーダー<TU-UD1000(別売)>と接続して4K放送を楽しめる。
・HDMI2.0規格(4K60p)準拠/コンテンツ保護規格HDCP2.2対応
・色域信号規格ITU-R BT.2020対応

「ひかりTV」の4Kビデオオンデマンドが楽しめる。HEVCデコーダー内蔵

米国の映像配信最大手Netflix社の「NETFLIX」に対応リモコンの「NETFLIX」ボタンでVODコンテンツを手軽にアクセスして楽しめる

USB外付けハードディスク(別売)に2番組を同時に録画しながら別の番組が楽しめる「デジタル3チューナー」

8K(7,680×4,320)高解像度のデジタル写真を楽しめるUSBマスストレージ再生機能

高精細な大画面を活かした「4Kクリア番組表」と「4Kウェブブラウザ」

テレビ向けインターネットサービス「AQUOS City」に対応

インターネット接続に便利な「無線LAN」

ホームネットワーク機能(プレイヤー・サーバー・レンダラーに対応)

スマートフォンでリモコン操作や番組検索ができる「AQUOSコネクト」に対応

スマートフォンの画面をワイヤレスで受信できる「Miracast」やモバイル機器の音楽データをワイヤレスで受信再生できるBluetoothRに対応

お客様相談センターのオペレーターが、お客様の液晶テレビをインターネット経由で確認しながらご相談に応じる「あんしんリモートサポート」に対応

見やすい大きなボタンで、使いやすく手になじむスリム&ラウンドシェイプ新リモコン

地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ AQUOS 4K NEXT

LC-80XU30
発売日:2015年7月10日

[csshop service=”amazon” keyword=”シャープ AQUOS 4K 液晶テレビ LC” sort=”-score”]

 

東芝は、過熱水蒸気オーブンレンジ「石窯ドーム ER-MD500」を発売

東芝は、過熱水蒸気オーブンレンジの新製品として、「石窯ドーム ER-MD500」を6月上旬より発売します。

新製品は、従来機種に搭載の100レシピのパン調理に加え、新たに日頃のお惣菜調理が簡単にできる自動調理6メニューをワンタッチキーに採用しました。
ワンタッチキーで、油で揚げないヘルシーな「ノンフライ」3メニューと、オーブン加熱と過熱水蒸気を組み合わせた「ハイブリッド」3メニューが手軽に調理できます。

ER-ND500

新製品は、パン、お菓子・ケーキをしっかり焼き上げられるよう、熱風の循環を促す湾曲天井の「石窯ドーム構造」、業界最高350℃注2の高温、200℃まで約5分の早い予熱、焼きムラを抑える左右反転ファンの熱風を備えています。
これに加えて、毎日のお惣菜調理が簡単にできるワンタッチキーを搭載しました。
自動調理メニューは、オーブン加熱と過熱水蒸気を組み合わせたヘルシーなハイブリッド調理(3メニュー)と油で揚げないノンフライ(3メニュー)です。
お惣菜調理は、ハイブリッド調理の他に高温350℃までのオーブン調理、高温の水蒸気で食品の余分な油脂を落としてカロリーカット調理が可能な過熱水蒸気調理の3通りの調理ができます。

他に、「石窯ドーム構造」と「庫内まるごと遠赤注3」によりオーブン温度350℃の「石窯ドーム ER-MD400」を6月中旬より、オーブン温度300℃の「石窯ドーム ER-MD300」を7月上旬より、オーブン温度250℃の「石窯ドームER-MD100」を7月中旬より発売します。

20140513_er-md400_300_100

新製品の主な特長

ワンタッチキーで選べる「ハイブリッド」調理と油で揚げないヘルシーな「ノンフライ」調理
新搭載のオートメニューは、ハンバーグの場合、表面はこんがり、中は旨みを残してジューシーに焼けるよう、高火力のオーブンで表面を焼いた後、過熱水蒸気の潜熱で加熱し、再び高火力で焼き色を付けるオーブン調理に過熱水蒸気調理を組み合わせて調理します。

「ノンフライ」調理
「鶏のから揚げ」などの “油で揚げない揚げ物(ノンオイルフライ)調理”が可能です。「かき揚げ」「さつまいもの天ぷら」「えびの天ぷら」を新たに加えました。
油で揚げないからヘルシーで、油はねの心配や、油の後始末などの面倒もありません。

350℃の高温で焼き上げるオーブン機能
庫内に熱風をすばやく循環させる湾曲天井の「石窯ドーム構造」と、庫内のセラミックコーティングによる遠赤(「庫内まるごと遠赤」)により、業界最高350℃の高温と200℃まで約5分の早い予熱が可能です。
さらに、周囲にスリットを設けた「遠赤包み焼き角皿」により、上下2段の調理でも、熱風が庫内上下に循環するため、食品を前後左右から包み込んで焼き上げます。

左右交互の風向で均一な焼き上がりを目指す「焼き色上手なくるりん熱風」(ER-MD500)

新製品は、熱風の向きを交互に変える正逆反転ファンの採用により、焼きムラの原因となっていた熱風の片寄りを抑えます。
「焼き色上手なくるりん熱風」は、モーター2個を使用して自動で熱風ファンを正逆反転させることで風向が変わります。
これにより、熱風ファンの回転方向が同じため起こる一部の焼きムラが、少なくなります。

ABCクッキングスタジオ開発レシピを含む全369レシピ(ER-MD500)
ABCクッキングスタジオ開発のお惣菜新製品の付属料理集のメニュー数は、369レシピです。
オーブンレンジ購入目的の上位に入る(当社調べ) パン、スイーツ調理を重視して、パン100レシピ、スイーツ101レシピを掲載し、お惣菜は、168レシピを掲載しました。
料理教室のABCクッキングスタジオによる開発したお惣菜レシピ15が含まれています。

本格せいろ蒸しと適温スチーム調理
たっぷりのスチーム(1分間に最大24mL)だけで蒸し料理を行う本格せいろ蒸し調理を搭載し、蒸し器を使うことなく手作りシューマイや小龍包などの本格的な蒸し料理が楽しめます。
また、スチームで庫内温度をコントロールする適温スチーム調理では、35℃~95℃の5度刻みの設定ができるため、“す”が立たないなめらかな仕上がりの茶わん蒸し、温度の違いで食感が異なるなめらかプリンなどが楽しめます。

簡単、便利な「スピードメニュー」
耐熱ボウルだけで簡単にできる「スピードメニュー」です。
付属の料理集では、3分メニュー11レシピ、5分メニュー12レシピ、8分メニュー10レシピを掲載しています。
耐熱ボウルだけのレンジ加熱で調理できるため、洗い物が少なくて済み、朝などの忙しい時に便利なメニューです。

お手入れが簡単な「とれちゃうコート」、「親水性クリーンコート」
調理後のお手入れは、庫内に付いた調味料、油脂汚れなどを簡単に拭き取ることができます。
庫内(扉部と底面を除く)と角皿は微細な粒子のセラミックコーティング(「とれちゃうコート」)、庫内底面は「親水性クリーンコート」により、汚れが落としやすくなります。
さらに、スチームで汚れを浮かす機能(「手間なしお手入れ」オート)があります。
角皿もコーティングにより、オーブンシートなしでも食材がこびりつきにくくなっています。

幅広いレンジ機能
レンジ加熱時に、スイングする赤外線センサーが、食品の表面温度を検知しながらあたためます。
庫内を幅広く温度検知するため、二品同時あたためも可能です。
あたため温度を-10℃から90℃まで5度刻みで設定できるため、食材に応じたあたためができ、湯煎の代用にもなります(「お好み温度」)。

背面・左右を壁面にピッタリ付けて設置可能(ER-MD500)
上方は10cmの余裕が必要ですが、背面と左右の壁面は壁にピッタリ付けて設置できます。

 

 

オーブンレンジ 石窯ドーム

ER-MD500 31L (W)グランホワイト(R)グランレッド
発売日:6月上旬

ER-MD400 31L (W)グランホワイト(R)グランレッド
発売日:6月中旬

ER-MD300 30L (W)グランホワイト(R)グランレッド
発売日:7月上旬

ER-MD100 30L (W)グランホワイト
発売日:7月中旬

[csshop service=”amazon” keyword=”東芝 スチームオーブンレンジ 石窯ドーム ER-MD” sort=”-score”]

パナソニックはホワイトタッチ液晶を搭載、縦型洗濯機 NA-JFA801を発売

パナソニックは、50代、60代をメインターゲットにした「Jコンセプト」シリーズとして、新開発の浅い洗濯槽で衣類が取り出しやすい「すぐソコスタイル」と、見やすく操作がしやすい業界最大「ホワイトタッチ液晶」を搭載し、毎日の使いやすさにこだわった縦型洗濯機 NA-JFA801を7月15日より発売します。

本製品は、洗濯槽から衣類を取り出す際の姿勢に着目し、手前を低く、洗濯槽の底を47 mm浅くした新開発の「すぐソコスタイル」を搭載し、上半身を深くかがめずラクな姿勢で衣類の取り出しができるようにしました。
さらに投入口の大きさが決まる洗濯槽上部のバランサー(制振性を高めるための部品)を薄型化し、投入口面積を約14%広げることにより業界最大を実現しました。
また、業界最大の「ホワイトタッチ液晶」を開発し、文字を約180%と大きくし、コース選択も使用頻度の高いものを大きく表示するなど、操作部の見やすさと操作性にもこだわりました。デザインは、凹凸の少ない「すっきりデザイン」でフタには日本の豊かな自然と清らかさを表す水流の柄「清流柄」を施し、上質感のある製品に仕上げました。

jn150521-1-1

特長

浅い洗濯槽で洗濯物を取り出しやすい新開発の「すぐソコスタイル」
・投入口面積が約14%広くなった業界最大の「投入口面積」と「からみほぐし」も採用
本製品は、使いやすさ向上のため洗濯槽を浅くし、(底の位置を上げ)本体手前部分を薄型化し、本体手前の高さを下げることで、洗濯槽の底まで手が届きやすい「すぐソコスタイル」を実現しました。
上半身を深くかがめず、ラクな姿勢で洗濯物が取り出せます。 脱水後パルセーターを回転させる「からみほぐし」も搭載し、衣類のからみを緩和して取り出しやすくしています。*衣類の量や種類により異なります
さらに毛布や大物衣類の出し入れのしやすさも追究。洗濯槽上部のバランサーを薄型化することで投入口内径を広げ、コンパクトなボディーサイズを維持したまま投入口面積は約14%広がり、業界最大を実現しました。

見やすく、操作しやすい業界最大の「ホワイトタッチ液晶」
本製品は、見やすさ、操作しやすさにこだわり業界最大の「ホワイトタッチ液晶」を当社縦型洗濯機で初めて採用しました。
コース選択ボタンを従来から面積約170%、文字の大きさを最大約180%※6と拡大したことで見やすさを向上させ、加えて暗い洗面所などでも液晶のバックライトでより見やすくしています。
また操作性を向上させるため、静電タッチボタンを採用し、軽く触れるだけで使えます。
さらに選択できるコースを主要なコースに絞り、ダイレクトボタンとし、直感的に操作できるようにしました。

jfa801_img04

凹凸が少なくお手入れがしやすい「すっきりデザイン」
本製品は、お手入れがしやすく汚れが目立ちにくい「すっきりデザイン」を採用しました。
凹凸をおさえ、ひと拭きでお手入れができるように配慮し、汚れがたまりやすかったパルセーターにキャップを、フタ接続部にカバーをつけるなど細部にまでこだわりました。
また、上質な日本の美意識へのこだわりを表現する流れるようなフタ(天面)のフォルムと、清らかさをあらわす水流の柄、「清流柄」を施し、メタリックアクセントと合わせ上質感を表現しました。

その他の特長

「自動槽洗浄」で、洗濯槽の汚れも自動で手入れ
取り外しやすい「ツメ(つまみ)」でお手入れしやすくなった抗菌加工樹脂※9「糸くずフィルター」採用
「エコナビ」搭載で、洗い工程のムダを省いた省エネ運転
「おうちクリーニング」搭載で、デリケートなおしゃれ着も自宅で洗える
粉末・液体洗剤、漂白剤、柔軟剤の投入口が上部について入れやすい「洗剤ケース」

 

 

全自動洗濯機 NA-JFA801
定格容量 洗濯8 kg
発売日 7月15日

[csshop service=”amazon” keyword=”Panasonic 全自動洗濯機 NA-F” sort=”-score”]