カレンダー

2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ニコンはDXフォーマットデジタル一眼レフカメラ「ニコン D7500」を発売

ニコンは、ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラ「ニコン D7500」を発売します。
画像処理エンジン「EXPEED 5」とCMOSセンサーを搭載し、ISO100~51200の広い常用感度域でノイズの少ない高画質を実現しています。

さらに、測光センサー「180KピクセルRGBセンサー」を採用し、AFやAE、オートホワイトバランスなどの自動制御機能の精度が向上したほか、
画像処理の高速化とバッファーメモリー容量の拡大によって、最高約8コマ/秒で50コマ(14ビット記録のロスレス圧縮RAW)までの高速連続撮影が可能となり、
前機種「D7200」(2015年3月発売)から進化しています。

その他、タッチパネルとチルト機構採用の画像モニターを新たに搭載しながらも、高剛性炭素繊維複合材料を用いたモノコック構造によって、前機種から
ボディーの薄型・軽量化を実現しているほか、より深いグリップで、ホールド性が向上しています。

また、D7000シリーズとしては初めて4K UHD(3840×2160)/30pに対応。カメラとスマートデバイスを常時接続する「SnapBridge」にも対応しています。

「D7500」は、映像表現や撮影技術の向上に励むアクティブな写真愛好家が求める幅広い撮影領域へ対応し、ユーザーの創造意欲に応えます。

主な特長
1. 「D500」と同等の高画質を楽しめる高性能画像処理エンジン「EXPEED 5」を搭載
「D500」と同じ高性能画像処理エンジン「EXPEED 5」を搭載し、常用感度はISO 100~51200を実現。
さらに、Lo 1(ISO 50相当)までの減感、Hi 5(ISO 1640000相当)までの増感に対応しています。有効画素数2088万画素、光学ローパスフィルターレス仕様のニコンDXフォーマットCMOSセンサーとの相乗効果で、高感度域でもノイズを抑えた鮮鋭感の高い静止画・動画の撮影が可能です。

2. 最高約8コマ/秒で50コマ(14ビット記録のロスレス圧縮RAW)までの高速連続撮影
画像処理の高速化とバッファーメモリー容量の拡大によって、最高約8コマ/秒1の高速連続撮影を実現。
14ビット記録のロスレス圧縮RAWでも50コマまで、JPEGでは100コマまでの連続撮影が可能で、狙った瞬間をより確実に捉える、優れた動体捕捉力を発揮します。

3. 鮮鋭感の高い映像表現を実現する4K UHD(3840×2160)動画撮影機能
「D500」と同じく、4K UHD(3840×2160)/30pに対応しています。
最長記録時間は29分59秒※。動画記録ファイル形式には、スマートデバイスで再生しやすいMP4(音声記録方式AAC)を新たに採用しています。
カメラ内で自動生成するタイムラプス動画の4K UHD記録やHDMIへの同時出力も可能で、フルHD、HD動画撮影時には、手持ち撮影によるブレを軽減する
電子手ブレ補正機能も使用可能です。

4. 「180KピクセルRGBセンサー」による高精度なAFとAE
「D500」と同じ測光センサー「180KピクセルRGBセンサー」(約180,000ピクセル)により、AFやAE、オートホワイトバランスなどの自動制御機能の精度が
前機種から向上しています。
また、静止画のフリッカー低減機能やハイライト重点測光も搭載し、幅広い撮影シーンに対応可能です。
なお、「アドバンストマルチCAM3500Ⅱオートフォーカスセンサーモジュール」採用の51点AFシステムも搭載。
グループエリアAFでは、5点のフォーカスポイントで被写体を面で捉え、動きを予測しにくい被写体もより確実に捕捉できます。

5. 優れた操作性と、薄型・軽量ボディーによる高い機動性
タッチAFやタッチシャッター(静止画撮影時)をはじめ、再生時に高速で画像を切りかえられるフレームアドバンスバーなどのタッチ操作が可能な高精細3.2型画像モニターを搭載。
チルト機構の採用により、撮影アングルの自由度も格段に拡大しています。
ボディーには高剛性炭素繊維複合材料を用いたモノコック構造を採用し、質量約720gを実現。
前機種から、約45g軽量化しました。薄型ボディーにより可能となった深いグリップで、ホールド性も一段と高めています。

 

主な仕様
型式 レンズ交換式一眼レフレックスタイプデジタルカメラ
レンズマウント ニコンFマウント(AFカップリング、AF接点付)
有効画素数 2088万画素
撮像素子 23.5×15.7mmサイズCMOSセンサー、ニコンDXフォーマット
記録媒体 SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード(SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカードはUHS-I規格に対応)
画像モニター チルト式3.2型TFT液晶モニター(タッチパネル)、約92.2万ドット(VGA)、視野角約170°、視野率約100%、明るさ調整可能、アイセンサーによる自動消灯可能
寸法(W×H×D) 約135.5×104×72.5mm
質量 約720g(バッテリーおよびSDメモリーカードを含む、ボディーキャップを除く)、約640g(本体のみ)

発売概要
商品名 ニコンデジタル一眼レフカメラ「D7500」
価格 オープンプライス
発売時期 2017年6月予定
なお、「D7500」とレンズを組み合わせた以下のキットも同時発売します。
D7500 18-140 VRレンズキット オープンプライス
2017年6月発売予定
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR 付き

[csshop service=”amazon” keyword=”Nikon デジタル一眼レフカメラ D7500″ sort=”-sales”]

NIKKOR初のフィッシュアイズームレンズ「AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED」を発売

ニコンは、円周魚眼と対角線魚眼の2種類の魚眼効果が1本で得られる、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ対応のフィッシュアイズームレンズ
「AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED」を発売します。


最新の光学設計で、高精細・高画質な撮影が可能なニコンデジタル一眼レフカメラに対応しており、ズーム全域で絞り開放から撮像範囲全体をシャープに解像し、「AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED」は、焦点距離8-15mm、開放F値3.5-4.5のNIKKORレンズ初となるフィッシュアイズームレンズです。
FXフォーマット時には、ズームのワイド端で画角が全周180°の円周魚眼画像、テレ端近傍で画角が対角線方向に180°の対角線魚眼画像が撮影可能です。
DXフォーマット時には、ズームのDX指標近傍からテレ端の間で最大180°の対角線魚眼画像が撮影できます。

絞っても安定した高画質が得られます。

また、近距離でも周辺解像の低下が少ない優れた描写性能を実現。
被写体に大胆に近づいたダイナミックな構図でも、高画質に撮影可能です。
EDレンズ3枚の採用で倍率色収差を効果的に補正し、画像周辺部でも色にじみを最小限に抑えているほか、太陽が写り込みやすい広い画角ながら、
ナノクリスタルコートの効果でゴースト、フレアを抑えたクリアーな画像が得られます。

「AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED」1本だけで円周魚眼と対角線魚眼の2種類の魚眼効果が得られるため、より機動的な撮影が可能。
防塵・防滴構造の採用に加え、埃や水滴が付着しにくく、付着しても拭き取りが容易なニコン独自のフッ素コートをレンズの最前面・最後面に採用しており、
被写体に大胆に近づいて撮影する場合でも安心です。

フィッシュアイズームレンズで手軽に表現の幅を広げたいハイアマチュアや、円周魚眼と対角線魚眼の効果を作品づくりに活かしたいプロフェッショナルなど、
ユニークな画づくりを求めるフォトグラファーに対して、優れた表現力と高い光学性能で応えます。

主な仕様
焦点距離 8 – 15mm
最大絞り 焦点距離8mm時:f/3.5
焦点距離15mm時:f/4.5
レンズ構成 13群15枚(EDレンズ3枚、非球面レンズ2枚、ナノクリスタルコートあり、フッ素コートあり)
画角 180°00′ – 175°00′(DXフォーマット時180°00′ – 110°00′)
寸法(大きさ) 約77.5mm(最大径)× 83.0mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量(重さ) 約485g

発売概要
商品名 「AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED」
希望小売価格 ¥152,500(税別)
発売時期 2017年6月30日予定

[csshop service=”amazon” keyword=”Nikon フィッシュアイズームレンズ” sort=”-sales”]

ニコン大口径広角単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED」を発売

ニコンは、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ対応の大口径広角単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED」を発売します。
「AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED」は、ポートレートや風景写真など、幅広いジャンルの撮影で使いやすい、開放F値1.4、焦点距離28mmの大口径広角単焦点レンズです。

最新の光学設計によって、高精細・高画質な撮影が可能なニコンデジタル一眼レフカメラの性能を最大限に引き出すことができ、絞り開放から、
撮像範囲周辺部までをシャープに解像します。
開放F値1.4と明るく、美しいボケを活かした表現も可能です。
また、非球面レンズ3枚の採用によって、サジタルコマフレアの発生を効果的に抑制し、高い点像再現性を実現。
さらに、EDレンズ2枚の採用によって軸上色収差の補正を実現しているほか、ニコン独自のナノクリスタルコートによってゴーストやフレアを効果的に軽減し、
優れた描写力を発揮します。

防塵・防滴に配慮した設計に加え、レンズの最前面・最後面には、防汚性能に優れたニコン独自のフッ素コートを採用。
天候や環境を気にすることなく、安心して使用することが可能です。
また、AFレンズでありながら、適度な重さで滑らかに回転するフォーカスリングが、マニュアルフォーカス時の操作感を高めています。
圧倒的な描写力と自然なボケ味で表現力を極めた焦点距離28mmの大口径広角単焦点レンズが、フォトグラファーの旺盛な創作意欲に応えます。

主な特長
ポートレートや風景写真など、幅広いジャンルの撮影で使いやすい焦点距離28mmの広角単焦点レンズ
絞り開放から、撮像範囲周辺部までをシャープに解像
開放F値1.4の明るさを活かした、美しいボケ味
「サジタルコマフレア」※を効果的に抑え、絞り開放でも高い点像再現性を実現
2枚のEDレンズを採用し、軸上色収差を効果的に補正
ゴースト、フレアを効果的に低減し、クリアーな画像が得られるナノクリスタルコートを採用
防汚性能と耐久性に優れ、反射防止効果でクリアーな画像の撮影にも貢献する、ニコン独自のフッ素コートをレンズの最前面・最後面に採用
※夜景撮影時などに、点像の周辺に鳥が羽を広げたような像が写る現象

主な仕様
焦点距離 28mm
最大絞り f/1.4
レンズ構成 11群14枚(EDレンズ2枚、非球面レンズ3枚、ナノクリスタルコートあり、フッ素コートあり)
画角 75°(DXフォーマット時53°)
寸法(大きさ) 約83.0mm(最大径)×100.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量(重さ) 約645g

発売概要
商品名 「AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED」
希望小売価格 ¥247,000(税別)
発売時期 2017年6月30日予定

[csshop service=”amazon” keyword=”ニコン AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED” sort=”-sales”]