カレンダー

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

僕は存在していなかった – 22/7

Pocket
reddit にシェア

僕は存在していなかった – 22/7

作曲:目黒良子
作詞:秋元康

僕は 自分を 信じて いない
自分の 存在 知られたくなかった

風が 吹く日は その風が 止むまで
部屋から 出るなんて 考えたこともない

心の 窓には カーテンを 引いて
世界の 隅で そっと 息を してた

夢 見るって ことは 何かを 期待する こと
傷つく くらい なら 夢なんか 見たく ない

僕は 色を 持たない花
君と またすれ 違っても
きっと 僕を 思い出せない だろう
好き と 言っては ダメ なんだ

青い 空より どこまでも 澄んだ
自由の 意味を 知る やさしい 眼差しで

孤独な 窓を 何度も 叩いて
世界の 広さ 君は 教えて くれた

必要と されるのは 生きてる 意味を 感じる
雨風に 打たれても 生まれ 変われる

僕も 色を 持ってた  花
やっと 今さら 気づいたよ
君が 僕に 光を くれたんだ
好きと 言っても いいのかな

すべて は 他人事(ひとごと)の ようでも
君だけは 愛を 見捨て ずに
どこからか 僕を 呼ぶ声が 聴こえる

他の 花と 比べて いた
ずっと 一人 絶望 して
どんな 花も 色が あるように
僕には 僕の 色が ある

僕は自分を 信じ 始めた
今なら 好きだと 言える かも しれない

 

発売日:2017年9月20日
[csshop service=”amazon” keyword=”僕は存在していなかった 22/7″ sort=”-sales”]

(Visited 1 times, 1 visits today)

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください