カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

新元号は「令和」に決定

令和(れいわ)は日本の元号の一つ。
平成の次、大化以降248番目の元号。

平成は今上天皇の譲位により2019年(平成31年)4月30日をもって終了し、皇太子徳仁親王が即位する2019年5月1日から令和元年となる予定。

日本の憲政史上では初の譲位による改元となる。

万葉集の梅の花の歌から取ったものである。

中国の文書ではなく、日本の文書から選ばれた。

西暦2019年(本年)は、4月30日までが平成31年で5月1日から令和元年になる予定で、2つの元号に跨る年となる。
本項で公的に日本国内で平成が使用されていた時代(令和時代)についても記述する。 万葉集に典拠があるとされている。

 

万葉集 梅花(うめのはな)の歌三十二首并せて序

天平二年正月十三日に、師(そち)の老(おきな)の宅(いへ)に萃(あつ)まりて、宴会を申(ひら)く。
時に、初春(しよしゆん)の「令月」(れいげつ)にして、気淑(よ)く「風和」(やはら)ぎ、梅は鏡前(きやうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(かう)を薫(かをら)す。
加之(しかのみにあらず)、曙(あけぼの)の嶺に雲移り、松は羅(うすもの)を掛けて蓋(きにがさ)を傾け、夕の岫(くき)に霧結び、鳥はうすものに封(こ)めらえて林に迷(まと)ふ。庭には新蝶(しんてふ)舞ひ、空には故雁(こがん)帰る。
ここに天を蓋(きにがさ)とし、地を座(しきゐ)とし、膝を促(ちかづ)け觴(かづき)を飛ばす。
言(こと)を一室の裏(うら)に忘れ、衿(えり)を煙霞の外に開く。淡然(たんぜん)と自(みづか)ら放(ひしきまま)にし、快然と自(みづか)ら足る。若し翰苑(かんゑん)にあらずは、何を以(も)ちてか情(こころ)を(の)べむ。
詩に落梅の篇を紀(しる)す。古(いにしへ)と今(いま)とそれ何そ異(こと)ならむ。宜(よろ)しく園の梅を賦(ふ)して聊(いささ)かに短詠を成すべし。

 

天平二年正月十三日に、大宰師の大伴旅人の邸宅に集まりて、宴会を開く。
時に、初春の好き月にして、空気はよく風は爽やかに、梅は鏡の前の美女が装う白粉のように開き、蘭は身を飾った香のように薫っている。
のみにあらず、明け方の嶺には雲が移り動き、松は薄絹のような雲を掛けてきぬがさを傾け、山のくぼみには霧がわだかまり、鳥は薄霧に封じ込められて林に迷っている。
庭には蝶が舞ひ、空には年を越した雁が帰ろうと飛んでいる。
ここに天をきぬがさとし、地を座として、膝を近づけ酒を交わす。
人々は言葉を一室の裏に忘れ、胸襟を煙霞の外に開きあっている。
淡然と自らの心のままに振る舞い、快くそれぞれがら満ち足りている。

 

この漢詩風の一文は、梅花の歌三十二首の前につけられた序で、書き手は不明ですがおそらくは山上憶良(やまのうへのおくら)の作かと思われます。
その内容によると、天平二年正月十三日に大宰府の大伴旅人(おほとものたびと)の邸宅で梅の花を愛でる宴が催されたとあります。
このころ梅は大陸からもたらされたものとして非常に珍しい植物だったようですね。
当時、大宰府は外国との交流の窓口でもあったのでこのような国内に無い植物や新しい文化がいち早く持ち込まれる場所でもありました。

この序では、前半でそんな外来の梅を愛でる宴での梅の華やかな様子を記し、ついで梅を取り巻く周囲の景色を描写し、一座の人々の和やかな様を伝えています。
そして、中国にも多くの落梅の詩があるように、「この庭の梅を歌に詠もうではないか」と、序を結んでいます。
我々からすると昔の人である旅人たちが、中国の古詩を念頭にして「いにしへと現在と何の違いがあろう」と記しているのも面白いところですよね。

この後つづく三十二首の歌は、座の人々が四群に分かれて八首ずつ順に詠んだものであり、各々円座で回し詠みしたものとなっています。
後の世の連歌の原型とも取れる(連歌と違いここでは一人が一首を詠んでいますが)ような共同作業的雰囲気も感じられ、当時の筑紫歌壇の華やかさが最もよく感じられる一群の歌と言えるでしょう。

https://amzn.to/2FNf678

泣きたいくらい – 大原 櫻子

泣きたいくらい – 大原 櫻子

シーブリーズのCMソング(曲)が大原櫻子!女優広瀬すずと中川大志の動画!

大原櫻子 ニューシングルのタイトルが「泣きたいくらい」で、“資生堂SEA BREEZE CMソング”として起用されることが発表となった。
さらに新曲「泣きたいくらい」が、TVCMスタートにあわせて3月30日より先行配信されることも決定した。

発売日:2018年3月30日
[csshop service=”amazon” keyword=”泣きたいくらい 大原 櫻子” sort=”-sales”]

モトローラはSIMフリースマートフォン「Moto Z2 Play」を販売

モトローラのSIMフリースマートフォン新製品、「Moto Z2 Play」の販売を開始します。
Moto Zファミリーは、高級感あふれる薄型のボディーに先進のテクノロジーを搭載したプレミアムシリーズです。
Moto Zファミリー専用の拡張モジュールであるMoto Modsを装着することで、動画鑑賞やプレゼンテーションに最適なプロジェクター、大勢で楽しめるオーディオ
スピーカー、光学ズーム付きデジタルカメラなど、スマートフォンを多彩な機能をもつデバイスにトランスフォームします。

「Moto Z2 Play」は、Moto Z Playの後継機種で、デザイン性と耐久性を兼ね備えたオールメタルのユニボディデザインを採用。
前機種と比べ、厚みが1mm薄く、重さは20g軽くなったほか、CPU、メモリの性能も大幅に向上。
より薄く、よる軽く、より速くなりました。
また、ソフトウェアとセンサーを組み合わせ、より直観的にユーザーの端末動作をアシストする独自の機能「motoエクスペリエンス」も強化されました。
手首をひねってカメラ起動、振り下ろしてライト点灯、指紋認証センサー上でフリック操作を行うことができる「ワンボタンナビ」といった多くのユーザーから
高評価を得ている「Motoアクション」機能に加え、夜間になると自動的に暖かいトーンに画面を調整し睡眠の妨げの一因とされるブルーライトを低減する
「ナイトディスプレイ(夜間表示)」機能を搭載、これまで以上に快適にスマートフォンをご利用いただけます。

また、指紋認証によるセキュリティと迅速なロック解除、急速充電が可能なTurbo Power?、同時待ち受けが可能なDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応して
います。

Moto Modsの追加モデルとして「Turbo Powerパック」および「ワイヤレス充電キャップ」を発売します。
Turbo Powerパックは、3,490mAhのMoto Zファミリー専用モバイルバッテリーで、スマートフォンに装着することでバッテリーライフを1日近く延長することができます。
スマートフォンのバッテリーが減少しているときには、最大15Wで急速充電を行います。
スマートフォンの電池残量を常に8割程度に保って電池を長持ちさせる「効率駆動モード」を選ぶことも可能です。

ワイヤレス充電キャップは、ご自身のスタイルにあわせてスマートフォンを着せ替えられる美しいデザインのスマートフォンカバー「スタイルキャップ」に
ワイヤレス充電機能が備わったものです。対応する市販のワイヤレスチャージャーに置いて、最大10Wでのワイヤレス充電が可能です。

 

「Moto Z2 Play」の主な仕様
機種名 Moto Z2 Play
メーカー Motorola
OS Android 7.1.1
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 626(MSM8953 Pro)/2.2GHz 8コア
メインメモリ 4GB
ストレージ 64GB
外部メモリ microSDXC(最大128GB)
ディスプレイ 約5.5型フルHD スーパー有機EL
解像度 1080×1920ピクセル
バッテリー容量 3000mAh
アウトカメラ 有効約1600万画素CMOS
インカメラ 有効約500万画素CMOS
ボディーカラー ルナグレー、ファインゴールド、ニンバス
サイズ 約76.2(幅)×156.2(高さ)×5.99(奥行き※最薄部)mm
重量 約145g

販売日:2017年6月29日
[csshop service=”amazon” keyword=”モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto Z2 Play” sort=”-sales”]