カレンダー

2019年9月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

リアップX5プラスローション 60mL

ミノキシジルの作用と効果データ
発毛成分ミノキシジルとは
90ヵ国以上で承認されている有効成分
ミノキシジルは、リアップシリーズの発毛剤の主成分です。
頭皮に使用することで毛包に直接作用し、発毛、育毛効果を発揮します。
ミノキシジルは、すでに世界90ヵ国以上で承認され使われている有効成分です。

ミノキシジルの作用
正常なヘアサイクルを復活
ミノキシジルは、毛包に直接作用し、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進することによって発毛作用を示します。
ヘアサイクルに変化が起こり小さくなった毛包を大きく深く成長させることにより、細く軟毛化した毛髪を太い毛に成長させます。
毛髪の成長をつかさどる毛包を大きく、深くするミノキシジルの作用をディープグロース効果と呼んでいます。
ミノキシジルは、さまざまなタイプの壮年性脱毛症に対して発毛を促進させます。

リアップシリーズは発毛+脱毛の進行を食い止める効果も
このような作用を示すミノキシジルを主成分とした発毛剤、リアップシリーズの効能・効果は、「壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防。」です。
発毛だけでなく「抜け毛が減る」ことも効果のひとつなのです。
この「発毛」の他に、「脱毛の進行予防」があることにもご注目ください。
脱毛の進行予防とは、既に始まってしまった脱毛に対して、その進行をくい止めて現状を維持する効果です。

リアップX5プラスローション 60mL

 

製品情報


強く、太く、発毛。「リアップX5プラス
リアップX5プラスは、「壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防」を効能・効果に持つ男性用発毛剤(第1類医薬品)です。 すでに世界約90ヵ国で使われている有効成分ミノキシジルを配合した、壮年性脱毛症における男性用発毛剤です。
※2015年10月発売

販売名 リアップX5プラスローション
種別 第1類医薬品
包装 60mL
本体価格(税抜き) 7,048円

成分・分量
100mL中

ミノキシジル 5.0g
ピリドキシン塩酸塩 0.05g
トコフェロール酢酸エステル 0.08g
l-メントール 0.3g
添加物:セタノール、1,3-ブチレングリコール、ジブチルヒドロキシトルエン、リン酸、エタノール

3つの発毛サポート成分をプラス 強く・太く・発毛
リアップX5プラスは男性特有の頭皮環境に着目。
過剰な皮脂による頭皮環境の悪化に3つのポイントで作用し、ミノキシジル本来の発毛効果を発揮します。

効能・効果
壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防。

用法・用量
成人男性(20歳以上)が、1日2回、1回1mLを脱毛している頭皮に塗布してください。
1回1mLのご使用は、脱毛範囲の大小に関係なくお守りください。1mLは塗り広げれば、頭皮全体に十分に行きわたる量として設計してあります。
なお、容器は1mLを計量できるタイプです。

 


購入はこちら

新元号は「令和」に決定

令和(れいわ)は日本の元号の一つ。
平成の次、大化以降248番目の元号。

平成は今上天皇の譲位により2019年(平成31年)4月30日をもって終了し、皇太子徳仁親王が即位する2019年5月1日から令和元年となる予定。

日本の憲政史上では初の譲位による改元となる。

万葉集の梅の花の歌から取ったものである。

中国の文書ではなく、日本の文書から選ばれた。

西暦2019年(本年)は、4月30日までが平成31年で5月1日から令和元年になる予定で、2つの元号に跨る年となる。
本項で公的に日本国内で平成が使用されていた時代(令和時代)についても記述する。 万葉集に典拠があるとされている。

 

万葉集 梅花(うめのはな)の歌三十二首并せて序

天平二年正月十三日に、師(そち)の老(おきな)の宅(いへ)に萃(あつ)まりて、宴会を申(ひら)く。
時に、初春(しよしゆん)の「令月」(れいげつ)にして、気淑(よ)く「風和」(やはら)ぎ、梅は鏡前(きやうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(かう)を薫(かをら)す。
加之(しかのみにあらず)、曙(あけぼの)の嶺に雲移り、松は羅(うすもの)を掛けて蓋(きにがさ)を傾け、夕の岫(くき)に霧結び、鳥はうすものに封(こ)めらえて林に迷(まと)ふ。庭には新蝶(しんてふ)舞ひ、空には故雁(こがん)帰る。
ここに天を蓋(きにがさ)とし、地を座(しきゐ)とし、膝を促(ちかづ)け觴(かづき)を飛ばす。
言(こと)を一室の裏(うら)に忘れ、衿(えり)を煙霞の外に開く。淡然(たんぜん)と自(みづか)ら放(ひしきまま)にし、快然と自(みづか)ら足る。若し翰苑(かんゑん)にあらずは、何を以(も)ちてか情(こころ)を(の)べむ。
詩に落梅の篇を紀(しる)す。古(いにしへ)と今(いま)とそれ何そ異(こと)ならむ。宜(よろ)しく園の梅を賦(ふ)して聊(いささ)かに短詠を成すべし。

 

天平二年正月十三日に、大宰師の大伴旅人の邸宅に集まりて、宴会を開く。
時に、初春の好き月にして、空気はよく風は爽やかに、梅は鏡の前の美女が装う白粉のように開き、蘭は身を飾った香のように薫っている。
のみにあらず、明け方の嶺には雲が移り動き、松は薄絹のような雲を掛けてきぬがさを傾け、山のくぼみには霧がわだかまり、鳥は薄霧に封じ込められて林に迷っている。
庭には蝶が舞ひ、空には年を越した雁が帰ろうと飛んでいる。
ここに天をきぬがさとし、地を座として、膝を近づけ酒を交わす。
人々は言葉を一室の裏に忘れ、胸襟を煙霞の外に開きあっている。
淡然と自らの心のままに振る舞い、快くそれぞれがら満ち足りている。

 

この漢詩風の一文は、梅花の歌三十二首の前につけられた序で、書き手は不明ですがおそらくは山上憶良(やまのうへのおくら)の作かと思われます。
その内容によると、天平二年正月十三日に大宰府の大伴旅人(おほとものたびと)の邸宅で梅の花を愛でる宴が催されたとあります。
このころ梅は大陸からもたらされたものとして非常に珍しい植物だったようですね。
当時、大宰府は外国との交流の窓口でもあったのでこのような国内に無い植物や新しい文化がいち早く持ち込まれる場所でもありました。

この序では、前半でそんな外来の梅を愛でる宴での梅の華やかな様子を記し、ついで梅を取り巻く周囲の景色を描写し、一座の人々の和やかな様を伝えています。
そして、中国にも多くの落梅の詩があるように、「この庭の梅を歌に詠もうではないか」と、序を結んでいます。
我々からすると昔の人である旅人たちが、中国の古詩を念頭にして「いにしへと現在と何の違いがあろう」と記しているのも面白いところですよね。

この後つづく三十二首の歌は、座の人々が四群に分かれて八首ずつ順に詠んだものであり、各々円座で回し詠みしたものとなっています。
後の世の連歌の原型とも取れる(連歌と違いここでは一人が一首を詠んでいますが)ような共同作業的雰囲気も感じられ、当時の筑紫歌壇の華やかさが最もよく感じられる一群の歌と言えるでしょう。

https://amzn.to/2FNf678

泣きたいくらい – 大原 櫻子

泣きたいくらい – 大原 櫻子

シーブリーズのCMソング(曲)が大原櫻子!女優広瀬すずと中川大志の動画!

大原櫻子 ニューシングルのタイトルが「泣きたいくらい」で、“資生堂SEA BREEZE CMソング”として起用されることが発表となった。
さらに新曲「泣きたいくらい」が、TVCMスタートにあわせて3月30日より先行配信されることも決定した。

発売日:2018年3月30日
[csshop service=”amazon” keyword=”泣きたいくらい 大原 櫻子” sort=”-sales”]