カレンダー

2019年8月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ASUS、LTE対応のノートパソコン「TransBook T100TAL」

ASUS JAPANは、キーボード着脱式のノートパソコン「TransBook」シリーズの新ラインナップを発表した。
SIMロックフリーのLTE対応モデル「ASUS TransBook T100TAL」もラインナップされている。

「ASUS TransBook T100TAL」は、キーボード着脱式のTransBookシリーズの新モデル
10.1インチ、1366×768ドットのIPS液晶ディスプレイを搭載し、OSにWindows 8.1 with Bing 32ビット、CPUにインテルのAtom Z3735D(1.33~1.83GHz)を搭載する。
メモリは2GB、ストレージは32GBで、microSDXCカードスロットも装備カメラは500万画素で、126万画素のインカメラも備える

ASUS-TransBook-T100TAL

通信方式は、LTEで2.1GHz(バンド1)、1.5GHz(11、21)、800MHz(18、19)をサポート
3Gも2.1GHz(バンド1)、850MHz(5)、800MHz(6、19)をサポートしている。

GPS、GLONASS、電子コンパス、加速度センサー、ジャイロスコープも搭載

無線LANはIEEE802.11a/b/g/nで、Bluetooth 4.0をサポートする。

本体右側面にSIMカードスロットを搭載。対応するサイズはmicroSIMカード
入出力端子として、microHDMI(タイプD)、microUSBも備える。
ステレオスピーカーも搭載

キーボードは87キー日本語キーボードで、キーピッチは約17.5mm。

バッテリー駆動時間は、ディスプレイ側本体のみの場合で約10.7時間、キーボードドック装着時で約8.1時間。

大きさは263×171×10.5mmで、キーボードドック装着時の閉じた状態では、厚みが21.4mmになる。

重さは、本体のみが約580g、キーボードドックが約520g、両方合わせた場合は約1.1kg。

薄型のボディを追求した上位モデル「ASUS TransBook Chi」シリーズも発表されているが、
新モデルの中でLTE対応モデルは「ASUS TransBook T100TAL」のみとなっている。

[csshop service=”amazon” keyword=”ASUS TransBook T100TAL” sort=”-score”]

 

ASUS TransBook Chiシリーズをはじめとしたパソコン製品春モデル22製品を発表

極限の薄さを実現したキーボード脱着式のASUS TransBook Chiシリーズをはじめとしたパソコン製品春モデル22製品を発表

ASUSは極限の薄さを実現したキーボード脱着式ノートパソコンの「ASUS TransBook? Chi」シリーズ3モデルをはじめとした、ノートパソコン17製品、タブレットパソコン1製品、デスクトップパソコン4製品の計22製品の春モデルを発表いたしました。2015年2月20日より順次発売いたします。

今回、新しい製品シリーズとして加わったASUS TransBook Chiシリーズは、誰もが驚く薄さと、高い生産性を提供するキーボード脱着式ノートパソコンです。
12.5型液晶搭載製品および10.1型液晶搭載製品、さらに8.9型液晶搭載製品を用意しており、用途や好みに応じて製品サイズをお選びいただけます。

3製品共に、新開発のマグネットヒンジによってタブレット部とキーボード部をスムーズに脱着することができ、いつでもどこででも2つのスタイルを素早く自在に使い分けることができます。

明日2月14日より、全国8店舗の「ASUSフラッグシップ・コーナー」にてASUS TransBook T300Chiのハイエンドモデル「T300CHI-5Y71」の先行展示を行う予定です。

また、最高クラスの薄さ12.3mmを誇る13.3型モバイルノートパソコンの「ASUS ZenBook」シリーズは、従来製品から基本性能を向上することでさらに進化しました。

新しい「ASUS ZenBook UX305FA」は、美しくエレガントなデザインと優れた性能が最高のバランスで融合しており、誰もが見入ってしまうような完成度が高いノートパソコンとなっています。

全国販売モデルはOffice Home and Business Premium プラス Office 365 サービスを搭載したビジネス強化モデルで、ASUSオンラインショップ限定モデルはメインメモリが8GBを搭載したオリジナルカスタマイズモデルです。

[csshop service=”amazon” keyword=”ASUS TransBook Chi” sort=”-score”]

ASUSはChrome OS搭載ノート端末「Chromebook C300MA」を12月に販売

ASUS Chromebookは、クラウド時代に誕生した、まったく新しいコンセプトで作られたパーソナルなノートパソコンです。

Chrome OSを採用し、軽快な動作、シンプルで使いやすいユーザーインターフェース、高いセキュリティを実現しました。

Gmail、検索、Youtube、Google ドライブなどのGoogle社の主要なオンラインサービスを簡単に快適に利用できるだけでなく、Chromeウェブストアから新しいアプリを好みに合わせてインストールできます。

ASUSがノートパソコンやタブレットの開発で培ってきた軽量化のノウハウをASUS Chromebookの設計に生かし、持ち運びに適した薄型・軽量デザインに仕上がりました。

省電力設計によって、最長約10時間のバッテリー駆動時間を実現、外出時でも安心です。

デュアルバンド(5GHz帯・2.4GHz帯)対応のIEEE802.11acを採用しており、高速で安定したインターネット環境を提供します。また、BloothoothR 4.0に対応しているため周辺機器への接続も高速で行えます。

Chromebook-C300MA2 Chromebook-C300MA

広々としたサイズのタッチパッドを採用、スクロールやスワイプといったマルチタッチ操作を直感的に行うことができます。
キーボードには一体型のフルサイズキーボードを採用し、快適にタイピングができます。

コンパクトなボディでありながら、ステレオスピーカーには一般的なノートパソコンよりも大型のチャンバーを採用しているため、クリアで高品位なサウンドを実現。音楽や動画を楽しむことができます。

HDMIやUSB 3.0などの充実したインターフェースにより、拡張性を実現します。

Chromeウェブストアにアクセスすれば、数千種類ものアプリや拡張機能、テーマの中から、好みにあわせてダウンロードすることができます。
たくさんのゲームやビジネスアプリ、Word OnlineやExcel Online、PowerPoint Onlineも使えます。また拡張機能やテーマを使えば自分好みにカスタマイズするのも簡単です。

ASUS Chromebook C300MAには、100GBもの無料のGoogleドライブ(クラウドストレージ)を付属。データの受け渡しはもちろん、同じアカウントでログインすれば、スマートフォン、タブレットのデバイスにとらわれず、どこからでも自分のデータにアクセスできます。

ASUS Chromebookは、わずか数秒で高速起動するため、電源ボタンを押してからイライラしながら待つこともなく、すぐに作業を始められます。
また、Chrome OSはOSアップデートやセキュリティーソフトアップデートを自動的に行うことで、ユーザーの手間を省き、ウイルスやマルウェア対策に悩むこともなく、常に最新で安心な状態に保ちます。

ブラック・ホワイト・スカイブルー・バレンシアオレンジ・ハニーレモンの5色のカラーをご用意。
好みにあわせて選ぶことができます。

[tubepress video=”3G8guGUQzn8″ embeddedHeight=”480″ embeddedWidth=”854″]

仕様
インテルR CeleronR プロセッサー N2830(2.16GHz、ビデオ機能内蔵)
13.3型ワイドTFTカラー液晶 (LEDバックライト)
インテルR HD グラフィックス (CPU内蔵)
92万画素Webカメラ内蔵
バッテリー駆動 約10時間
幅329mm×奥行き230mm×高さ20.3mm

メモリ2/4GB
ストレージ16/32GB(eMMC)
1,366×768ドット表示対応液晶を搭載

インターフェイス
USB 3.0、USB 2.0、
SDカードリーダ、
HDMI出力
IEEE 802.11a/b/g/n対応無線LAN
Bluetooth 4.0
音声入出力を搭載

重量は約1.4kg

ブラック、ホワイト、スカイブルー、バレンシアオレンジ、ハニーイエローの5色
販売日:12月上旬

[csshop service=”amazon” keyword=”ASUS Chromebook” sort=”-score”]

日本エイサーはノートパソコン「Chromebook C720」を11月13日より販売

日本エイサーは、Google のChrome OSを搭載したノートパソコン「Acer Chromebook C720」を11月13日に販売を開始いたします。

Acer Chromebook C720の製品特長

・常に最新の状態を保持するChrome OSを搭載

手動アップデートやウィルス対策ソフトが不要なGoogleが開発したChrome OSを搭載。
Chrome OSは常に最新バージョンにアップデートされ、利用中のすべてのアプリも自動で最新バージョンにアップデートされます。

・インテル Celeronプロセッサーの優れたパフォーマンスがストレスのない動作を実現します。
省電力設計のため、最大で8.5時間の長時間バッテリーライフを実現しました。

Acer-Chromebook-C720b

・大容量4GBのシステムメモリにより、マルチタスクを安定した高パフォーマンスで処理します。

・Acer ChromebookはChrome OSにファインチューンされており、SSDとの組み合わせでいつでも7秒以下で起動し、
動作速度もほとんど変わることはありません。

・サンドボックス、データ暗号化、セキュアブートなど、マルチセキュリティを内蔵しています。

・Googleドライブでオフィスドキュメント、スプレッドシート、プレゼン資料、線画をオンラインまたはオフラインで閲覧、編集、
作成が可能です。他のファイルの連携や共有も可能です。

[tubepress mode=”tag” tagValue=”Acer Chromebook C720″ embeddedHeight=”480″ embeddedWidth=”854″ resultsPerPage = “16”]

仕様
CPUにCeleron 2955U(1.4GHz、ビデオ機能内蔵)
メモリ4GB
SSD 16GB
1,366×768ドット表示対応11.6型非光沢液晶を搭載
インターフェイス
IEEE 802.11a/b/g/n無線LAN
Bluetooth 4.0
Webカメラ
SDカードスロット
USB 3.0、USB 2.0
HDMI出力
音声入出力を装備

バッテリ駆動時間は約8.5時間
本体サイズ288×204×19.05mm
重量は約1.25kg
発売2014年11月13日
価格30,000円前後

[csshop service=”amazon” keyword=”Acer Chromebook C720″ sort=”-score”]