カレンダー

2019年7月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

約束 – 藍井エイル

約束 – 藍井エイル (Eir Aoi)

作詞:Eir・重永亮介
作曲:重永亮介

何気無い 日常の中で
ふと気付けば  歌を唄っていた
溢れた メロディの 向こう
今の君は どんな 表情 だろう

どうして 私の事  誰も責めたりしないの?
もらったモノも あげたいモノも
全部 抱きしめて 会いに行くから

誰より 近くで 見ていてくれた
君が 側に いるから
もう一度 立ち上がって
新しい 季節を 探しに行ける

何度も重ね 合った想いは
確かに そこに あるから
一人では 描けない ストーリー
愛を 伝えて あの日 交わした
約束を 守りにいく

誰でも 大切に思う
居場所が あって  かならず 必要で
私は 見つけられたよ
それが君と 同じだと 良いな

星のない 空の下は
とても 暗くて 怖いけど
目を閉じたらね 強くなれたよ
あの日くれた光  思い出すから

いつでも 近くで  見守ってくれた
君へ 届けたいから
強がりは やめなきゃな
新しい景色を また 見つけよう

笑顔の朝も 涙の夜も
大切にして いけたら
君とまた 描いてく ストーリー
夢のカケラを 繋ぎ 合わせて
宝物  探しにいこう

失くした物を 数えてたら
優しい 誰かが 抱えてた
糸と糸が 繋がるような
そんな 世界で 私は 生きてる

誰より 近くで 見ていてくれた
君が 側に いるから
もう一度 立ち上がって
新しい 季節を 探しに 行ける

何度も重ね 合った 想いは
確かに そこに あるから
一人では 描けない ストーリー
愛を 伝えて あの日 交わした
約束を 守りにいく
この歌を 届けにいく

 

発売日:2018年2月7日
約束 藍井エイル

アイリス – 藍井エイル

アイリス – 藍井エイル

作詞:Eir
作曲:ArmySlick, Lauren Kaori

君が赤く 燃える 太陽 ならば
僕は 夜に 咲く 青い花
風に 揺れて 空を 見上げては
朝の 露に 濡れる

手を 伸ばして
届かな くて
そんな 君が 微笑んでる
僕も いつか
誰かを 守る 強さが 欲しい

悲しみも 弱さも 全て
受け止めて きた 胸に
ずっと 見えない 傷を 残し
抱えてきたの?

背中越しの 景色 じゃなくて
君の その 眩しさを
いつか 隣で 感じられたら
隠していた その傷を
少しでも 癒せたなら いいな
The iris to you.

幼い 頃から  楽しいこと
探すのは すごく 得意 だった
今日も 太陽が 優しげに
何も かもを 照らす

僕は いつも 真面目 すぎて
君が いつも 笑う から
こんな 日々が
ずっと 続いたなら 良いのにな

支えて くれた その腕に
甘えて みても いいかな
胸の 青い花びらが そっと
散り 始めた
どうして 今に なって 全てが
愛しく 思えるん だろう
かすむ 景色の先に 見えた
泣き笑い
そんな 風に
どうか 笑わないで 欲しいから
The iris to you.

本当はね いつ だって
大切で 羨ましくて
ずっと 側に いたいんだよ

悲しみも 弱さも 全て
受け止めて きた胸に
ずっと 見えない 傷を 残し
抱えて きたの?

背中 越しの 景色 じゃなくて
君の その 眩しさを
いつも そばで 感じてた から
いつかまた その傷を
少しでも 癒せたなら いいな
The iris to you.

 

発売日:2018年10月24日

[csshop service=”amazon” keyword=”アイリス 藍井エイル” sort=”-sales”]

流星 – 藍井エイル

流星 – 藍井エイル

作曲:津波幸平
作詞:Eir・津波幸平

いつだって 誰かと
比べて つらくて
足りないもの 数えたら
涙落ちた

悲しみが寄り添って
背中を包み込む
冷たさに心が凍えそう

いつからちゃんと笑えなくなった?
過去に戻るリセットボタンは無いから
外せ Safety 運命なんて壊して!

いつか流星が夜空駆け抜け
全ての闇を照らす日まで
揺らぐことなく 強く 気高く
生きて行くんだって 願った
The darkest night

目に映る事だけしか 信じられない
そんな自分に
生きていく強さなんて 無いと思ってた
寂しさは苦しく 優しさは切なく
それでもこの場所が 愛しい

出来ないことを 誰かのせいにして
逃げていたんだ そう気づいた日から
引けるtrigger 強さを握って

いつか流星が夜を壊して
世界が照らされてく日まで
I will chase, chase my star
わずかな残光を
抱きしめたいから 夜空 見上げてた

この目はいつも何を見てきた?
たとえ 小さな世界だとしても

いつか流星が夜空駆け抜け
全ての闇を照らす日まで
揺らぐことなく 強く 気高く
生きて行くんだって 願った
The darkest night
目を逸らさないと決めた
The darkest night

発売日:2018年4月22日
[csshop service=”amazon” keyword=”流星 藍井エイル” sort=”-sales”]