カレンダー

2019年9月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

HAPPY BIRTHDAY – back number

HAPPY BIRTHDAY – back number

ドラマ「初めて恋をした日に読む話」主題歌

作曲:清水依与吏
作詞:清水依与吏

いつの 間にやら 日付は 変わって
なんで 年って 取るんだろう
もう背は 伸びない くせに
着信の音で 飛び起きた けど 損したな
君かと 思った のに

何かの 手違いで
好きに なって くれない かな
どうにも 君の いない 場所は
空気が 薄く てさ

くだらない 話は 思い 付くのに
君を 抱き締めて いい 理由だけが 見付からない
ああ そうか そう だよな
ハッピー バースデー 片想いの俺 *

愛が 何かは 知らない けれど
好きと 言う 名前の 痛みに なら 詳しいかも
君にも 教えて あげたい けれど 結局
教わる のは 俺 だろう

このまま 今日が 終わり 明日が 来れば
いつになっても 縮まらない この 距離を
駆け引きにも 綱引きにも ならない やり取りを
もっと 単純な 名前で 呼んで あげられるよ
何ひとつ 終われない けど

つまらない 言葉の 繰り 返しで
つじつまも きっと 合ってない 物語の 続きに
ひとり よがりの 毎日に
ハッピー バースデー
君に 言って 欲しい だけ

くだらない 話は 思い 付く のに
君を 抱き 締めていい 理由 だけが 見付からない
ああ そうか そう だよな
ハッピー バースデー 片想い の俺

ハッピー バースデー 片想い の俺

発売日:2019年2月27日
[csshop service=”amazon” keyword=”HAPPY BIRTHDAY back number” sort=”-sales”]

オールドファッション- back number

オールドファッション- back number

ドラマ 「大恋愛~僕を忘れる君と」 主題歌

作曲:清水依与吏
作詞?清水依与吏

よく 晴れた 空に 雪が 降る ような
ああ そう 多分 そんな 感じだ
変な 例えだね 僕も そう思うよ
だけど 君は そんな 感じだ

一体 どこから 話せば
君という 素敵な 生き物の 素敵さが
いま 2回出た 素敵は わざと だからね
どうでも いいか

単純な 事なんだ きっと
比べる  までも ないよ
僕に 足りないものを 全部
君が 持ち合わせて いたんだ
悲しく なるくらい
ああ それを 今 数えてた 所だよ

不安とか 迷いで できている
僕の 胸の 細胞を
出来るなら 君と 取り替えて 欲しかった
花は風を待って
月が 夜を 照らすのと 同じように
僕に 君なんだ

デコボコ してても 並んで 歩けば
この道が いいと 思った

お祝いしようって 君が
なんにも 無い日に 言い出すのは 決まって
僕が バレないように 落ち込んだ 時だ
不甲斐 ないね

肝心な 所は いつも
少し君の 真似をして
はずれでも 優しい答えが 出せる ように
鳥は 春を 歌って
いつだって それに 気付いてる 君に
僕は なりたかった

僕と見た 街は夜空は
どう映って いたんだろう
君は 後悔して いないかな
ねぇ ちょっと
そんなの どうだって いいの
ドーナツ 買って来て よって
君なら ああ そう言う だろうな

単純な 事なんだ きっと
誰がなんと 言おうと
どれだけの 時間が 命が 巡ったとしても
風は 花を 探して
夜と 月が 呼び合うのと 同じように
君には 僕なんだ

発売日:2018年11月21日
[csshop service=”amazon” keyword=”オールドファッション back number” sort=”-sales”]

オールドファッション – back number

オールドファッション – back number

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』主題歌

作曲:清水依与吏
作詞:清水依与吏

よく晴れた空に 雪が降るような
ああ そう 多分そんな感じだ
変な例えだね 僕もそう思うよ
だけど君はそんな感じだ

一体どこから話せば
君という素敵な生き物の素敵さが
いま2回出た素敵はわざとだからね
どうでもいいか

単純な事なんだきっと
比べるまでもないよ
僕に足りないものを全部
君が持ち合わせていたんだ
悲しくなるくらい
ああ それを今数えてた所だよ

不安とか迷いでできている
僕の胸の細胞を
出来るなら君と取り替えて欲しかった
花は風を待って
月が夜を照らすのと同じように
僕に君なんだ

デコボコしてても 並んで歩けば
この道がいいと思った

お祝いしようって君が
なんにも無い日に言い出すのは決まって
僕がバレないように落ち込んだ時だ
不甲斐ないね

肝心な所はいつも
少し君の真似をして
はずれでも優しい答えが出せるように
鳥は春を歌って
いつだってそれに気付いてる君に
僕はなりたかった

僕と見た街は夜空は
どう映っていたんだろう
君は後悔していないかな
ねぇちょっと
そんなのどうだっていいの
ドーナツ買って来てよって
君なら ああ そう言うだろうな

単純な事なんだきっと
誰がなんと言おうと
どれだけの時間が命が巡ったとしても
風は花を探して
夜と月が呼び合うのと同じように
君には僕なんだ

発売日:2018年11月21日
[csshop service=”amazon” keyword=”オールドファッション back number” sort=”-sales”]