Amazonはタブレット「Fire」シリーズを予約開始

Pocket
reddit にシェア

Amazonはタブレット「Fire」シリーズの予約を開始

出荷時期は、Fire HD 7とFire HD 6が10月16日、Fire HDX 8.9が11月4日。

新製品はいずれも新たにFire OS 4「Sangria」を搭載。
Android 4.4(KitKat)をベースに、独自のインターフェイスを採用し、Amazonコンテンツ用の無料/容量無制限のクラウドストレージと連携。

操作時にCPUの性能を自動的に向上させるタッチ・ブースト機能やスタンバイ時に無線接続をオフにするタイミングを記憶してバッテリ消費を抑える「FirePower」などを備える。
1,920×1,080ドット(フルHD)表示対応7型の「Kindle Fire HDX 7」は継続する。
新機種は製品名からKindleが除かれた。

Fire HD 6は、Fire HD 7とほぼ同じ仕様ながら低価格を実現。

Fire-HD-6

●Fire HD 6
1,280×800ドット表示対応に6型
プロセッサは1.5GHz駆動のコアを2つ、1.2GHz駆動のコアを2つ搭載するクアッドコア
メモリは1GB。
液晶はIPSでドット密度は252ppi
IEEE 802.11b/g/n対応無線LAN、
Bluetooth、USB 2.0
VGA対応前面/200万画素背面カメラ、加速度センサー、ジャイロスコープ、音声入出力などを備える。
バッテリ駆動時間は約8時間。
本体サイズは169×103×10.7mm(幅×奥行き×高さ)、
重量は290g。
本体色はピンク、ブラック、ブルー、ホワイト、シトラスの5色が用意される。
価格は8GBモデルが11,800円(発売記念で9,980円)、16GBモデルが13,800円

 

●Fire HD 7
1,280×800ドット表示対応7型液晶搭載
液晶以外の仕様はFire HD 6とほぼ同じだが、Fire HD 6がモノラルスピーカーであるのに対しFire HD 7はデュアルステレオスピーカーを搭載する。
ドット密度は216ppi
本体サイズは191×128×10.6mm
重量は337g
本体色のラインナップはFire HD 6と同じ
価格は8GBモデルが16,280円、16GBモデルが18,280円。

Fire-HDX-8.9

 

●Fire HDX 8.9
2,560×1,600ドット表示対応8.9型液晶搭載
339ppiの高解像度やsRGB比100%の色再現性。
プロセッサに2.5GHz駆動のクアッドコアCPUとAdreno 420 GPUを統合したSnapdragon 8084を採用。
無線LANもIEEE 802.11acに対応
サラウンド技術Dolby Atomsを搭載
メモリは2GB
液晶はIPSで、最大輝度400cd/平方m以上の明るさ
IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、
Bluetooth、USB 2.0、
720p対応前面/800万画素背面カメラ、加速度センサー、ジャイロスコープ、環境光センサー、音声入出力などを備える。

バッテリ駆動時間は約11時間。
本体サイズは231×158×7.8mm(同)、
重量は375g。
本体色はブラックのみ。
価格は16GBモデルが40,980円、32GBモデルが47,180円、64GBモデルが53,280円

 

[tubepress mode=”tag” tagValue=”Fire HDX 8.9″ embeddedHeight=”480″ embeddedWidth=”854″ resultsPerPage = “16”]

 

[csshop service=”amazon” keyword=”Fire HDX 8.9″ sort=”-score”]

 

タブレットPC

カテゴリ全体iPadKindleGoogle NexusAndroidタブレットWindowsタブレットアップルタブレットSurface Pro 3Dell VenueシリーズASUSタブレットタブレットPCベストセラー低価格タブレット特集Windows8タブレット体験レポートタブレット社員レビュー特集

Fireタブレット

Fire HD 6タブレット―8GBFire HD 7タブレット―8GBKindle Fire HDX 7 16GB タブレットFire タブレットアクセサリKindle本 (電子書籍)AmazonインスタントビデオデジタルミュージックKindle Fire 対応アプリ・ゲーム

 

Leave a Reply

  

  

  

Translate »