米民間宇宙船「スペースシップ2」が試験飛行中に爆発、2人死傷

Pocket

米カリフォルニアロサンゼルス北郊のモハーベ砂漠で日本時間11月1日午前2時ごろ、商業宇宙飛行を目指している米ヴァージンギャラクティック社の宇宙船「スペースシップ2」が試験飛行中に爆発して墜落、飛行士1人が死亡し、1人が重傷を負った。

米連邦航空局(FAA)の発表によると、宇宙船は事故現場近くの飛行場から母機の飛行機につり下げられ離陸し、母機と切り離された直後に爆発して墜落した。 母機は支障なく帰還した。

地元KABCテレビは、宇宙船の機体が中心部から折れ、周辺に残骸が飛び散った上空からの映像を報じた。

spaceship spaceship2-crash

「スペースシップ2」は2007年7月、地上でのロケットエンジン試験の際に爆発が起き、3人が死亡、3人が重傷を負っていた。

「スペースシップ2」は母機で高度15キロまで運ばれた後、搭載したロケットエンジンに点火し、宇宙へ向かう。このロケットエンジンは燃料の固体ゴムとその燃焼を推進する液体を組み合わせたタイプとみられる。

ビデオスペースシップの1月10日の試験飛行

[tubepress video=”vH16CkVSutY” embeddedHeight=”480″ embeddedWidth=”854″]

 

一般人を対象に20万ドル(約2200万円)で数分間の無重力を体験し、高度110キロの宇宙空間を眺める「宇宙旅行」を発表。

日本人を含む700人以上が予約し、昨年から価格が25万ドルに値上げされるほどの人気だった。

米人気歌手のレディー・ガガさんも来年スペースシップ2に搭乗し、宇宙からのライブを計画していた。

 

[tubepress video=”50J4meI2oMI” embeddedHeight=”480″ embeddedWidth=”854″]

Related Posts

Pocket

Leave a Reply

  

  

  

Translate »