ニコンは光学60倍ズームのコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX P610」を発売

Pocket
reddit にシェア

光学60倍ズームのNIKKORレンズを搭載し、高画質な望遠撮影が楽しめるコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX P610」を発売

ニコンは、本格的な撮影ができる多機能、高性能なコンパクトデジタルカメラPシリーズの「COOLPIX P610」を発売します。

「COOLPIX P610」は、持ち歩きに便利な小型ボディーに、広角24mm相当から超望遠1440mm相当(35mm判換算の撮影画角)の光学60倍ズーム
(ダイナミックファインズーム120倍)のNIKKORレンズを搭載。NIKKORレンズには、色収差の補正に優れたスーパーEDレンズを採用しています。
手ブレ補正効果5.0段のデュアル検知光学VRや、約0.12秒の撮影タイムラグなどを実現した3型バリアングル液晶モニター搭載の本格派モデルです。
また、アイセンサー付き電子ビューファインダーも新搭載しています。

COOLPIX-P610 COOLPIX-P610b

主な特長

スーパーEDレンズを採用した光学60倍ズーム(ダイナミックファインズーム時120倍)の高性能なNIKKORレンズ
広角24mm相当から超望遠1440mm相当(35mm判換算の撮影画角)までをカバーする、光学60倍の超高倍率NIKKORレンズを搭載しています。
光学系には色収差の補正に優れたスーパーEDレンズを採用し、超望遠撮影時でも鮮鋭感のある描写を実現しています。
また、電子ズーム領域でも解像感を保ったまま120倍までズーム可能なダイナミックファインズームに加え、レンズ前約1cmまで寄れる迫力のあるマクロ撮影も可能です。
さらに、シーンモードに「月」モードと「鳥」モードを備え、カメラ設定が難しい月や野鳥の撮影も簡単に行えます。

5.0段の手ブレ補正効果を実現したデュアル検知光学VRを搭載
新開発のデュアル検知光学VRにより、5.0段の手ブレ補正効果(静止画撮影時)を実現しました。角速度センサーと画像情報をもとに算出した2つのブレ情報を
新開発のVRアルゴリズムで演算することで、より高精度なブレ量演算を実現しています。

シャッターチャンスを逃さない、短い撮影タイムラグと高速連写
約0.12秒の撮影タイムラグと、最大画像サイズで約7コマ/秒、最大約7コマの高速連写※を実現しています。
突然のシャッターチャンスにも素早く対応し、撮りたい瞬間を逃しません。

※「連写H」設定時。画質「NORMAL」時。
新搭載のアイセンサー付き電子ビューファインダー
視野率約100%、約92万ドットの高精細0.2型液晶の電子ビューファインダーを搭載しています。
新搭載のアイセンサーにより、ファインダーに目を近づけるだけで、液晶モニター撮影から電子ビューファインダー撮影へ自動的に切り替えることができます。
モニターボタンによる手動切り替えも可能です。

その他の特長
超望遠撮影時に、見失った被写体を、一時的に画角を広げることで捕捉しやすくする「クイックバックズームボタン」を搭載
NFC機能搭載のスマートデバイス※とカメラをワンタッチでWi-FiR接続できるNFC対応
一定間隔で自動撮影した写真をつないで、約10秒間の早送り動画として記録する「タイムラプス動画」

発売概要

商品名 ニコンデジタルカメラ「COOLPIX P610」
価格 オープンプライス
発売時期 2015年2月26日予定
カラー ブラック、レッド

[csshop service=”amazon” keyword=”COOLPIX P610″ sort=”-score”]

Related Posts

Leave a Reply

  

  

  

Translate »