キヤノンは世界最広角の超広角ズームレンズ「EF11-24mm F4L USM」を発売

Pocket
reddit にシェア

キヤノンは、EOSシリーズ用の交換レンズとして、世界最広角となる11mmからの焦点距離をカバーする超広角ズームレンズ「EF11-24mm F4L USM」を2015年2月下旬より発売します。

EF11-24mm-F4L-USM

おもな特長

“EF11-24mm F4L USM”は、世界最広角となる焦点距離11mmを実現した超広角ズームレンズで、描写性能や操作性に加え、高堅牢(けんろう)性・高耐久性など最高水準の性能を追求したプロフォトグラファー向けの(Luxury)レンズです。

世界最広角を実現する超広角ズームレンズ

“EF11-24mm F4L USM”は、非球面レンズとして世界最大口径の外径φ87mmの研削非球面レンズを含む4枚の非球面レンズを採用することにより、世界最広角となる11mmの焦点距離を実現しています。

水平方向画角117°および対角線方向画角126°をカバーし、人間の視界のほとんどをワンショットで収めることができます。

これにより、今まで撮影が不可能だった超広角における新しい領域の映像表現を可能にします。

[tubepress video=”mI_gHK5hqnE” embeddedHeight=”480″ embeddedWidth=”854″]

4枚の非球面レンズにより、世界最広角の焦点距離に加え、画面周辺部まで高画質を実現し、さらには、広角レンズで発生しやすい歪曲(わいきょく)収差を抑えた撮影が可能です。

また、超広角の画角と高画質を両立するため、研削非球面レンズや、色収差を良好に補正するスーパーUDレンズ・UDレンズを採用し、高い反射防止効果を持つ特殊コーティング「SWC(Subwavelength Structure Coating)」や「ASC(Air Sphere Coating)」を施すなど、キヤノン独自の技術を惜しみなく採用しています。

EF11-24mm F4L USM
価格:45万円(税別)
発売日:2015年2月下旬

[csshop service=”amazon” keyword=”キャノン EF11-24mm F4L USM” sort=”-score”]

[csshop service=”amazon” keyword=”キヤノン交換レンズ” sort=”-score”]

[csshop service=”amazon” keyword=”キヤノン デジタル一眼レフ” sort=”-score”]

Related Posts

Leave a Reply

  

  

  

Translate »