ヒビノインターサウンドはUSB-DAC内蔵ヘッドホンアンプ「D Zero MK2」を発売

Pocket
reddit にシェア

ヒビノインターサウンドはiBasso Audio社のUSB-DAC内蔵ヘッドホンアンプ“D Zero MK2”を2015年3月13日より発売いたします。

D Zero MK2はカードサイズのUSB-DAC内蔵ヘッドホンアンプで人気を博したD zero-SEの後継モデルです。

Wolfson WM8740(Cirrus Logic)High Performance DACをモノラルモードで2個搭載し、従来機種に比べて最大音声出力は30%以上増加。

最大24bit/96kHzのハイレゾ音楽信号に対応し、Windows PC、MacintoshコンピュータやAndroid端末からのデジタル接続(専用OTGケーブルを付属)に加え、iPhone/iPadへのデジタル接続も可能です。

iBasso-Audio-D-Zero-MK2

D Zero MK2の主な特徴

デジタル部
Wolfson WM8740(Cirrus Logic)をモノラルモードで2 個搭載。L/R 個別に処理することで、広範なダイナミックレンジを実現し、ハイレゾオーディオをより緻密に楽しめます
Windows PC、Macintoshコンピュータからのデジタル出力に加え、付属のOn-The-Go(OTG)ケーブルを使用することでAndroid端末(Android 4.1 以降のUSB Audioを
サポートする端末。ただし端末の仕様などによってはデジタル接続できない場合があります) とのデジタル接続が可能。
Apple製Lightning-USBカメラアダプタまたはiPad Camera Connection Kitを使用することでiPhone/iPadへのデジタル接続も可能。
iPhone/iPadに保存している音楽データを高品位な音質でお楽しみいただけます。
最大24Bit/96kHzのハイレゾ音楽に対応。ドライバーのインストール無しで手軽にハイレゾ音源をお楽しみいただけます。

アンプ部

アンプ部はオールインワンタイプのICヘッドホンアンプを使用することなく、オペアンプとバッファーで構成。細部にまでこだわった音響調整を行うことで優れたコストパフォーマンスを保ちながら、妥協のない音響性能を獲得しています。
入出力はUSBデジタル入力、アナログライン入出力、ヘッドホン出力を用意。ライン出力から手軽に既存の音響システムをグレードアップできます。
幅広いヘッドホンインピータンスに対応可能なゲイン切り替えを装備。多彩なヘッドホン、イヤホンの能力を最大限引き上げます。

仕様
周波数特性 17Hz~20kHz、±1.0dB(DAC)
17Hz~100kHz、±1.0dB(AMP)
S/N比 108dB(DAC)、102dB(AMP)
デジタル入力 USB:24bit/96kHz
最大出力 120mW+120mW(16Ω)
電源 内蔵リチウムポリマーバッテリー
電池持続時間 連続10時間(DAC+AMP)、連続120時間(AMP)
※使用条件によって短くなる場合があります。
充電時間 約5時間
ヘッドホンインピーダンス 8~300Ω推奨
コネクター 3.5mm ステレオミニジャック× 2、USB ミニソケット×1
付属品 USB OTG ケーブル、USB ケーブル、アナログ接続ケーブル
寸法・質量 W55 × H11 × D101mm、95g(突起部含まず)

D Zero MK2 USB-DAC内蔵ヘッドホンアンプ

発売日:2015年3月13日

[csshop service=”amazon” keyword=”iBasso Audio USB-DAC内蔵ヘッドホンアンプ” sort=”-score”]

[csshop service=”amazon” keyword=”iBasso Audio” sort=”-score”]

Related Posts

Leave a Reply

  

  

  

Translate »