NEXXは文字認識ペンスキャナー「WorldPenScan X」を発売

Pocket
reddit にシェア

NEXXは、miniScan EYEシリーズの名称で同社が従来から販売してきた文字認識ペンスキャナーの新デザイン版「WorldPenScan X」を2015年3月3日より発売します。

製品の特長
「スーとなぞるだけでテキストが取り込める」のキャッチフレーズで、従来からminiScanEYEの名称でユーザーが広がっている文字認識用ペンスキャナーは、これまでのモデルでは、基本的にWin/Mac PCに接続して使用するのが基本的なアプリケーションでした。 WorldPenScan Xは、どのスマホ/タブレットを持ったユーザーも、モバイル環境で、しかもワイヤレス接続でご使用できる環境を提供しています。

WorldPenScanX

(1)iOS/Android両OSのモバイルにワイヤレスに対応

今回リリースの新型ペンスキャナWorldPenScan Xでは、従来のWin/Mac PC対応を維持しながら、初めてiPhone/iPad (iOS7以上) への文字の取り込みが可能になりました。 また、miniScan BT(NDSP-230)のモデル以降でサポートされているAndroid OSのスマートフォン/タブレットにも勿論対応します(Android ver 4.3以上)。両OSのモバイルデバイスに対し、ワイヤレスに、Bluetooth4.0で ペンスキャナーが接続し、書籍や伝票の文字画像をモバイルアプリケーション側に取り込んで、高速にテキストデータに変換します。

(2)BLE (Bluetooth 4.0 Low Energy)対応

BLE採用の省電力デバイスのため、ペン内蔵のバッテリーへの再充電の頻度が抑えされています。スマホと一緒に持ち運んで、いつでもどこでも、アプリを起動するだけで、長時間ペンスキャナを使用することが可能になりました。完全にPC抜きの、スマホとペンだけのスタンドアローン環境で、場所に関係なくご使用が可能です。

(3)画期的なペン先のローラー構造で、スムースで確実なスキャンのコントロールが可能に

これまでのモデルでは、ペン先にバネで出入りする小さな突起上のボタンスイッチが付いていました。 WorldPenScan Xでは、ボタンスイッチの替わりに、ローラー構造でスムースに対象物の表面をなぞります。このため、従来は不可能であった、超薄紙の伝票のスキャンや、金属表面のラベルのスキャンなどが、平易になぞって、データ取込めるようになりました。
また、スキャンの開始点と終了点が、ペン先のマーカーからよく見えるので、より正確に位置をコントロールすることができます。
文章の途中からスキャンしたい場合、また、業務用途でも、罫線の多い表からのデータの読み込みや、伝票からの品名・金額等のデータの取込みには最適の構造です。

[tubepress video=”Q4AmVEWPBUU” embeddedHeight=”480″ embeddedWidth=”854″]

(4)マルチ言語対応で豊富な実用的用途を展開
モバイル版(iOS版、Android版)は、日英中韓と世界の主要言語を含む28カ国語を文字認識します。認識されたテキストは、SMSないし Eメール送信か、Facebook(iOS)、Dropbox/GoogleDrive(Android)にワンタッチでエクスポートできるので、非常に簡単に保存と共有ができるメニューが提供されています。
またアプリ内蔵の文章翻訳(28カ国語から80カ国語以上に)、単語ごとの辞書機能 (iPhone/iPadでは28カ国語から80カ国語以上に/ Androidでは10カ国語の辞書)で意味を調べることも、同じ単語をキーワードにGoogle/Wikipedia/YouTube検索にワンタッチ連携しているため、より情報を深くチェックすることができます。

翻訳、辞書機能とも、ネイティブ発音のスピーチ機能が付いているので、発音のチェックにも、簡単な通訳マシン代わりに使用することも不可能ではありません。
各デバイス毎、各機能のフローを画像で一覧表示したフロー一覧表を別添PDF資料として添付しました。

(5)本格的機能のWin/Mac PC対応版
Win/Mac版は、世界の殆ど全ての言語、タイ語、アラビア語を含む193カ国語を認識します。翻訳言語もWindows版の44カ国語から、Mac版の49カ国語間で相互に文章翻訳をメニューから行い、スピーチ機能も持っているので、文章の読み方や発音のチェックが可能です。

(6)ビジネスモードで業務用途の読み取りにパワーを発揮
Win/Mac版の大きな特長の一つは、ビジネスモードの読み取り機能がついていることです。読み取るオブジェクトを限定することで、より精度の高い文字認識が可能になりました。

(a) バーコード: 1次元のバーコードを認識します。
(b) 磁気インク文字 (MICR): 小切手などに使用するMICR文字を光学的に認識します。
(c) OCR-A/-Bフォント文字: 銀行など金融系で標準的に多用されるOCRフォントに認識対象を限定することで、認識精度を格段に向上させます。

① アルファベットのみ
② 数字のみ
③ 数字+アルファベットのみ
④ 16進数表示

伝票、商品券、郵送ラベル、製品ラベル、顧客アンケートなどから、用紙に記載されたキーとなるID番号や型番、金額等を抜きだすのに、手入力をされている
業務ユーザーには最適・必須のスキャン入力装置となります。 現在、金融機関や更生労働省関係等、様々な場所と用途で活用されています。

製品概要
製品名:  WorldPenScan X
製品型番: NDSP-260
発売日:2015年3月3日

[csshop service=”amazon” keyword=”WorldPenScan X” sort=”-score”]

[csshop service=”amazon” keyword=”NEXX スキャナー” sort=”-score”]

[csshop service=”amazon” keyword=”NEXX カラースキャナー” sort=”-score”]

Related Posts

Leave a Reply

  

  

  

Translate »