キヤノンは「EOS M3」と交換レンズ「EF-M22mm F2 STM」を発売

Pocket
reddit にシェア

キヤノンは、AF性能が向上し、高画質化と優れた操作性を実現したミラーレスカメラ“EOS M3”とミラーレスカメラ専用の交換レンズ“EF-M22mm F2 STM(シルバー)”を2015年3月下旬より発売します。

EF-M22mm-F2-STM

おもな特長

“EOS M3”は、2013年12月に発売した「EOS M2」の後継機で、約2,420万画素のCMOSセンサーと最新の映像エンジンDIGIC 6を搭載し、「快速・快適・高画質」というキヤノンのレンズ交換式カメラ「EOS」のコンセプトをさらに進化させた、ハイアマチュア層をはじめとした幅広い写真愛好家向けのミラーレスカメラです。
約2,420万画素CMOSセンサーと最新の映像エンジンによる高画質


EOS-M3brEOS M3(ブラック)
※ EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM装着時

m3-whEOS M3(ホワイト)
※ EF-M22mm F2 STM(シルバー)装着時

従来機種からさらに高画素化したAPS-Cサイズ・約2,420万画素のCMOSセンサーと、最新の映像エンジンDIGIC 6の搭載により、解像感の高い画質を実現しながら最高約4.2コマ/秒の連写性能を実現しています。さらに、暗い環境下でもノイズを抑えた美しい描写を実現する常用ISO感度100~12800(拡張ISO 25600)の高感度性能を備えています。

大幅に進化した「ハイブリッドCMOS AF III」による高速AF

ライブビュー撮影および動画撮影時のAFが「ハイブリッドCMOS AF III」に進化し、撮影シーンによっては位相差AFのみでの合焦が可能となり、従来機種と比較してAF合焦速度が最大で約3.8倍に高速化しています。また、チルト式液晶モニターやタッチシャッターとの組み合せにより、より簡単に狙った被写体への素早いピント合わせを実現しています。

直感的なマニュアル操作を可能とする優れた操作性

直感的操作を可能とする電子ダイヤルに加え、ダイレクトに露出を変更することが可能な独立した露出補正ダイヤルを備えており、EOSシリーズのデジタル一眼レフカメラと同等の優れた操作性を実現しています。また、液晶モニターには上方向に約180°、下方向に約45°可動するタッチパネル対応のチルト式液晶モニターを採用し、快適な操作が可能です。

 

 

EOS M3
発売日:2015年3月26日

[csshop service=”amazon” keyword=”Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M3 ボディ EOSM3BK” sort=”-score”]

[csshop service=”amazon” keyword=”Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M3 レンズキット M3BK” sort=”-score”]

[csshop service=”amazon” keyword=”Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M3 ダブルズームキット EOSM3BK-WZK” sort=”-score”]

 

EF-M22mm F2 STM(シルバー)
発売日:2015年3月26日

[csshop service=”amazon” keyword=”Canon 単焦点広角レンズ EF-M22mm F2 STM シルバー ミラーレス一眼対応” sort=”-score”]

[csshop service=”amazon” keyword=”Canon ズームレンズ EF-M” sort=”-score”]

 

Related Posts

Leave a Reply

  

  

  

Translate »