Microsoft、Windows Phone Lumia 640とLumia 640 XLを販売

Pocket

Windows Phone 8.1端末の最新版となる5型ディスプレイを採用した「Lumia 640」と5.7型ディスプレイを採用した「Lumia 640 XL」を販売すると発表した。

Lumia-640

製品にはOffice 365のサブスクリプション1年分がバンドルされており、ユーザーはWindows Phone向けのOfficeだけでなく、自分が所有するPCにおいてもOfficeアプリケーションと、Office 365サービス(OneDrive 1TB利用権など)を1年間利用できる。

Lumia 640は5型のHDディスプレイを搭載した、Windows Phone 8.1 Update搭載スマートフォンで、Snapdragonプロセッサ、800万画素の背面カメラなどを備えており、デュアルSIM構成が可能で、3G+LTEという組み合わせだけでなく、LTE+LTEという組み合わせが可能になります。

 

 

内蔵のSkypeとフロントカメラによって音声とビデオを難なく切り替える。
プリインストールされたWindows Phone上で外出中でもMicrosoft Officeの一連ソフトを読み、レビューし、編集し、共有できる。
30GBの無料、OneDriveクラウド・ストレージを使って、写真、ビデオ、Officeドキュメントを安全に保管できる。
ユーザーのニーズを先読みし、ユーザーに最もふさわしいアドバイスをする最も個人的なバーチャルアシスタントであるCortanaを使える。
購入時に搭載されているMicrosoft Outlookを使って、急ぎの仕事や私信を容易に管理できる。
付属のLumiaカメラを使って写真を素早く容易に撮影でき、さらにフロントカメラとLumia Selfieアプリを使って素晴らしいセルフィー(自分撮り)を撮影、編集、共有できる。
Windows Phone 8.1最新バージョンと1回のスワイプで動作するAction Center、Word Flow、Live Foldersを備えるLumia Denimアップデートによって、ホームスクリーンを好みのようにできる。定期的なWindowsアップデートによっても最高の機能をいつも最新な状態に保てる。

 

この両モデルは『Windows Phone 8.1』がインストールされた状態で出荷されますが、『Windows 10』登場時は無償でアップグレードが可能で、同じOSを搭載するタブレットやPCとシームレスな操作やデータの共有が可能になります。

Lumia 640 XLは640のディスプレイを5.7型に大型化したモデルで、それに併せてバッテリなども大きくなっている。Windows 10にアップデート後は、小型サイズのWindowsタブレットのような使い勝手も期待できます。

 

 

Lumia 640
5インチHDディスプレー
カメラは8メガピクセル(メイン)+1メガピクセル(フロント)
本体サイズ141.3(W)×8.8(D)×72.2(H)mm
重量は145グラム
3G版を139ユーロ(18,600円)、LTE版:159ユーロ(21,300円)、
Microsoft Lumia 640 LTE シムフリー SIM FREE

Lumia 640
http://www.microsoft.com/en/mobile/phone/lumia640-lte/

 

Lumia 640 XL
5.7インチHDディスプレイ
カメラはメインが1300万画素、フロントが500万画素
3G版:189ユーロ(25,300円) LTE版:219ユーロ(29,300円)

シングルSIM版とデュアルSIM版、3G版とLTE版と合計4モデル
Lumia 640 XL
http://www.microsoft.com/en/mobile/phone/lumia640-xl-lte/

 

Lumia 640 XL LTE Dual SIM

http://www.microsoft.com/en/mobile/phone/lumia640-xl-lte-dual-sim/

 

Related Posts

Pocket

Leave a Reply

  

  

  

Translate »