ASRock製Mini-ITX規格マザーボード「X99E-ITX/ac」を発売

Pocket
reddit にシェア

マスタードシードは、正規代理店を務めます台湾のマザーボードメーカー、ASRockのインテルX99チップセットを搭載するMini-ITX規格のマザーボード「X99E-ITX/ac」を、2015年4月24日より販売開始します。

photo_150410_2_01

X99E-ITX/acは、インテルX99チップセットを搭載するマザーボードで、Mini-ITX規格です。
インテルX99チップセットを搭載するマザーボードはCPU、メモリ、対応する機能などを考えるとATXサイズ以上でないと本来の性能を維持できないと考えられていますが、ASRock社ではそれに逆らい、Mini-ITXに全てを積み込むことを達成し、本製品を生み出しました。
この省スペースの中にUSB3.1、Ultra M.2ソケット、SATA Express、デュアルギガビットLAN、802.11ac無線LANといった高性能機能、高い信頼性と安定性をもたらす「Super Alloy Technology(超合金技術)」、6フェーズ電源設計、デジタルPWMを搭載しています。
CPUソケットに、「XシリーズOCソケット」と呼ぶ特殊なソケットを採用しています。
このソケットはピン数が増やされており、CPUの隠されたパフォーマンスを解き放ち、性能を向上させることができます。
CPUソケットの固定具はNarrow ILMとなるため、それに対応するCPUクーラーが必要となります。なお、本製品には対応するCPUクーラーが付属します。さらに、水冷クーラーを固定するためのプレートも付属しています。

photo_150410_2_02

スペースの関係上、メモリスロットは2本となっています。CPUにインテルXeonプロセッサーを搭載した場合には、ECC付きDIMM(アンバッファードおよびレジスタード)を搭載することが可能です。
次世代ストレージインターフェイスは、SATA Expressポートを1つ、PCIe 3.0 x4接続(SATA 6Gbps接続にも対応)のUltra M.2ソケットを1つ搭載しております。
サウンドには、RealtekのALC1150オーディオCODEC、115dB SNRの差動アンプ、そしてニチコンのファインゴールドオーディオコンデンサーが使われており、ノイズレベルが非常に低く抑えられています。
インテル製コントローラーのデュアルギガビットLANを搭載しており、チーミングによる帯域幅向上にも対応しています。
無線LAN機能として、デュアルバンド2.4/5GHz 802.11ac WiFiを搭載します。これはBluetooth 4.0にも対応します。
そして、USB3.0と比べて倍の速度となる10Gbpsの転送速度を持つUSBの最新規格、USB3.1をオンボードで搭載しています。
フロントUSB3.0ポートを搭載しますが、USB2.0しか対応できないMini-ITXケースのために、コンパクトなUSB3.0ピンヘッダ→USB2.0ピンヘッダ変換パーツを付属しています。

 

 

X99E-ITX/acの主な特徴

2オンス銅箔を使用した高密度ガラス繊維PCB(8層)採用
デジタルPWM、6電源フェーズデザイン
ASRock Super Alloy Technology(超合金技術)による高い信頼性と安定性を実現
メモリスロットとPCIe x16スロットに15μm厚金メッキコネクター使用
DDR4 3200+のオーバークロックメモリをサポート
インテルXeonプロセッサー搭載時はECC付きDIMM(アンバッファード、レジスタード)に対応
インテル製コントローラーのギガビットLANを2基搭載、チーミング動作可能
IEEE802.11ac+Bluetooth 4.0の無線LANモジュールを搭載
USB 3.1を2ポート搭載
USB 3.0を6ポート搭載。うち2ポートはフロントUSBポート
SATA 6Gbpsポートを6ポート搭載
PCIe 3.0 x4接続のUltra M.2ソケットを1基搭載
SATA Expressポートを1基搭載
その他の機能
・Full Spike Protection:電力サージからの保護機能
・ASRock APP Shop:アプリケーションやサポートソフトを一括管理

 

X99E-ITX/ac Mini-ITX

発売日:2015年4月24日(金)

[csshop service=”amazon” keyword=”ASRock マザーボード X99 E” sort=”-score”]

 

ASRock社製、2基の10GbEポートを備えるワークステーション向けのExtended ATXマザーボード「X99 WS-E/10G」を発表

150327_x99-ws-e-10g

「X99 WS-E/10G」は、ネットワーク機能を強化したモデルとなり、Intel X540コントローラによる2基の10GbEポートに加え、Intel I210-ATコントローラによるギガビットイーサネットを2基装備。計4つの接続を組み合わせることで最大22Gbpsの強力な帯域幅を確保したマザーボードです。

拡張スロットはPCI Express 3.0 x16スロットを7基備え、フルスペック4-Way CrossFire、4-Way SLIをサポート。
また、SATA Express、M.2スロットなどを搭載するほか、12フェーズの電源回路をはじめ、独自の「Super Alloy Technology」に準拠した、XXLアルミ合金ヒートシンク、60A対応のパワーチョーク、Ultra Dual-N MOSFET、12Kプラチナコンデンサなどを採用する高品質な設計も特徴です。

 

X99 WS-E/10G

発売日:2015年3月27日

[csshop service=”amazon” keyword=”ASRock X99 WS-E/10G マザーボード X99 WS-E/10G” sort=”-score”]

Related Posts

Leave a Reply

  

  

  

Translate »