TOSHIBAは3ドア冷蔵庫「GR-H38SXV」「GR-H38S」「GR-H34S」を3タイプを発売

Pocket
reddit にシェア

TOSHIBAは3ドア冷蔵庫の新製品として、GR-H38SXV(定格内容積375L)を5月中旬から発売します。

新製品の野菜室は、冷凍室と野菜室をしっかり断熱材で仕切り、気密性を高めることで野菜室の湿度を逃さない「うるおいラップ野菜室」を採用しています。
よく使う野菜室は、3ドアのまんなかにレイアウトしています。
野菜室内に設けた新搭載「うるおい補給カセット」は、中に湿度80~60%の範囲で水蒸気の吸収・放出を行う調湿シートを入れています。
野菜の収納量が多いと庫内は高湿度になり、野菜の収納量が少ないと低湿度になります。
このシートは、野菜の収納量が多い高湿度時には、水蒸気を吸収して蓄えておき、野菜の収納量が少ない低湿度時には、蓄えておいた水蒸気を放出して、野菜室内の野菜の乾燥を防ぎます。

20150421_gr-h38s_h34s (1) 20150421_gr-h38s_h34s

また、冷蔵室内の棚にはすべて強化処理ガラスを採用しました。
これにより、庫内奥のLEDライトの光が冷蔵室の棚を透過して行き渡るため、庫内全体が明るく見やすい上、ガラスのため汚れも拭き取りやすくなります。
他に、「ecoモード節電機能注1」、「Ag低温触媒」による除菌注2・脱臭注3機能を搭載しています。正面ドアは、クリアガラス素材です。

他に、3ドア冷蔵庫の新製品として、GR-H38S(定格内容積375L)、GR-H34S(定格内容積340L)を5月中旬から発売します。

東芝3ドア冷蔵庫

庫内の水分を逃がさず、鮮度長持ちうるおいラップ野菜室
野菜室と冷凍室をしっかり仕切ることで庫内の気密性を高くし、湿度をキープします。
また、まわりから間接的に冷却することで、野菜に冷気が直接当たって乾燥するのを防ぎ、鮮度を守ります。

うるおい補給 カセット 搭載(GR-H38SXV)
野菜の収納量が多い高湿度の時に、庫内の水分を吸収。
野菜が減って庫内が低湿度になると、水分を放出して、湿度をコントロールします。

野菜室がまんなか&ロータイプ
よく使う野菜室を、まんなかに。調理中でもかがまずラクに引き出せ、野菜をスムーズに出し入れできます。
また、少し低めのロータイプなので、最上段の奥まで見渡せ、取り出しやすい設計です。

大容量野菜室トップクラス83L。
まとめ買いも気軽にできてたっぷり入る。

インバーター制御のコンプレッサーで高効率運転
庫内温度の変化をチェック、冷却環境をコントロールし、さらなる省エネを実現します。

 


GR-H38SXV (ZW)クリアシェルホワイト
GR-H38SXVL (ZW)左開き クリアシェルホワイト
GR-H38SXV (ZT)クリアブラウン

GR-H38SXVL (ZT)左開き クリアブラウン

GR-H38S (S)シルバー
GR-H38S (NP)ピンクゴールド

GR-H34S (S)シルバー
GR-H34S (NP)ピンクゴールド

発売日:5月中旬

[csshop service=”amazon” keyword=”東芝 3ドア冷蔵庫 GR” sort=”-score”]

Related Posts

Leave a Reply

  

  

  

Translate »