願い – Uru

Pocket
reddit にシェア

願い – Uru

作曲:H.Aoba・N.Sasaki
作詞:Uru

灰色の 視界の中で
一人で歩くのは 簡単 じゃなかった

曖昧な 輪郭を たどり
手繰り寄せた 糸は 繋がって なかった

「ねぇ、いつか 朝日を 見よう」
そう言って 君は 手を
そっと 差し出した

もっと うまく 歩けたなら
何か違って いたのか
もがく ほどに 絡まる

軋む 世界に 飲み込まれ ながら
大事な物 ボロボロ こぼしながら
それでも 二人で 願った
どこかで  見たような 日常でいい
傷つく だけの 世界なら もう
いらない いらない いらない  いらない
いらない

ねぇ、もしも 出逢わなかったら
私は今もきっと一人だった

何にもない空っぽのまま
息をしているだけの毎日は嫌だった

どこかに置き忘れて
見失いかけたもの
君が教えてくれた

歪む道に足を取られそうでも
風に揺られグラグラ倒れそうでも
それでも二人で願った
すぐに消えそうな幻なんて
偽りだけの世界なら もう
いらない いらない いらない いらない
いらない

例えば汚れた景色も
醜い街の色も
歩いた分だけ増えていくけど
信じるものがあるから

涙はもう流さないよ
そして今 新しい日々を

歩く

軋む世界に飲み込まれながら
大事な物ボロボロこぼしながら
それでも二人で願った
どこかで見たような日常でいい
傷つくだけの世界なら もう
いらない いらない いらない いらない
いらない

 

発売日:2019年9月11日

願い Uru

Leave a Reply

  

  

  

Translate »